FC2ブログ
■ 「アジア10か国・地域発」と「アジア18か国・地域発」のコンテナ数量統計の話
日本列島の南西の方から徐々に梅雨に入っている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

とにかく日替わり週替わりで暑かったり寒かったり、一日の内でも気温の差がものすごくあったりで、体調を崩された方も多いんじゃないでしょうか。

かく言うKAUぞうも先週末頃からちょっと風邪をひいてしまいまして、くしゃみ・鼻水・鼻づまりに苦しめられていました。

そんな体調の悪い中、先日朝の通勤電車でラッキーにも座ることが出来ました。

会社のある浜松町までの数十分、いつもなら座った途端寝に入るところですが、いかんせん鼻が詰まっていてなんとなく息苦しい。片方の鼻が完全に詰まっちゃってる感じです。

「誘拐されて口をガムテープでふさがれたとき、鼻が詰まっていたらどうしよう」

なんていう「あるある」がふと思い浮かびまして、「片方の鼻だけで息をするとどうなるか」、という高尚な実験を試みることにしました。

気を許すと口呼吸になっちゃうんで、意識を呼吸に集中し、スーッ、ハァー。
ちょっと苦しいような、いや、このまま寝ちゃうにはちょっと息苦しいけど、意外と片方の鼻だけでもいけるなぁ・・・なんてやってるうちに浜松町駅に到着。

でですね、その日一日、なんとなく普段より集中力が高まったような。

そこでふと思ったんですが、これはひょっとして、はからずも今はやりの「マインドフルネス」を朝からやったみたいなもんじゃないかと・・・違いますかね・・・・。


さて、今日は、「アジア10か国・地域発」とか「アジア18か国・地域発」とかで発表される、アジア発北米向けコンテナ数量の統計数字の話です。

はっきり言ってトリビアです。

アジア発北米向けの航路を、業界用語で「北米東航(往航)」と言います。
逆に北米からアジアへの航路を「北米西航(復航)」と言います。

この荷動きが何ヶ月連続で増加したとか、減少したとかがよく記事になり、KAUぞうのところのHPのショートニュースでもお伝えしています。

で、この貨物が増えた減ったと言う記事の中で一つにくくられている「アジア」。
良く見ると、実は「アジア10か国・地域」とされている場合と、「アジア18ヵ国・地域」とされている場合があるんですね。

統計を発表しているところによって違うようで、手元にある新聞記事を見比べてみました。

4月に発表された3月の北米東航についての記事が「米民間統計サービスのデータマイン」の統計で、ここでは「アジア10か国・地域」

5月に発表された4月の訪米東航についての記事が「日本海事センターが米国通関統計サービスJOC-PIERSのデータを基に集計した」結果で、「アジア18ヵ国・地域発」

そこで、実際それぞれどこの国・地域をさしているのかを調べてみました。

まず「10か国・地域」
1)日本 2)韓国 3)台湾 4)中国 5)香港 6)シンガポール 7)マレーシア 8)タイ 9)ベトナム 10)インド

「18ヵ国・地域」でにこれに加わるのが、
11)マカオ 12)フィリピン 13)インドネシア 14)カンボジア 15)ミャンマー 16)スリランカ17)バングラディシュ 18)パキスタン

で、さらに良く見るとこの二つの統計、数字もだいぶ違うんですよねぇ。

両方とも同じTEU=20フィートコンテナ換算でのコンテナ数量なのに、例えばシンガポール。
3月の「10か国」統計では5万6000TEUなのに、4月「18か国」の方ではなんと9000TEUになっています。

月が違うとはいえ、1ヶ月で6分の1になるほどコンテナの数に変動があるわけがありません。

実はこれ、「10か国」の方が「積地別」なのに対し、「18ヵ国」の方は「仕出し地別」だからなんです。

つまり「10か国」の方は、米国についたコンテナがその船に「どこで積まれたか」で集計してる。
一方「18か国」の方は、そのコンテナが「どこで船社に渡されたか=どこで詰められたか」で集計している。

だからアジアの各地域からコンテナが集まってきて、北米向けの本船に積み替えられるシンガポールについては、「積んだ本数」と「詰められた本数」で6倍も違っちゃうんです。

これだけなら全部合計すれば、まぁそんなに変わらないだろうと思うんですが、微妙なところでは発表される統計結果に違いが出てしまうようです。

5/17付のKAUぞうのところのショートニュース。

「アジア発北米向けコンテナ 4月 前年同月比1.3%の増加」と言うタイトルで、「中国発は0.7%減ったけど、韓国やベトナムが増えて全体では14ヶ月連続でプラスになった」という内容です。

こちらはデータマイン集計の「10か国」の数字です。

ところが5/28の日本海事新聞。

「北米東航 1.6%減 4月コンテナ 中国のマイナス響く」という記事が掲載されています。
こちらは日本海事センター・米国通関統計サービスの「18ヵ国」の数字がベースです。

ということで、パッと見同じ「アジア発米国向けコンテナ数量」の統計でも、微妙に・・・と言うか、「増加」と「減少」くらい数字に違いが出て来ちゃうんですよ、と言うお話でした。

・・・・実はこの文章を書くまで、KAUぞうもこの違いに気づいていなかったことは内緒です。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2018/05/31 11:31] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 海の環境規制の話
4月も終わりですね。
今年入社した新入社員の皆さんも、そろそろ通勤にも慣れてきたころでしょうか。

KAUぞうのところの3名の新入社員も毎日元気で頑張っています。
2年目を迎えた去年の新入社員も、少し「先輩」らしさが板についてきた感じです。

さて、ゴールデンウィークです。

毎年ぼやいていますが、こういう長いお休みの前後、すっごく忙しいんですよね。

特にコンテナを運んでいただいているドレー業者さん。やはりどこもドライバーが不足しているそうで、仕事を受けて頂くのがどんどん大変になっています。

普通は電話一本して了解を頂き、FAXでオーダーを流して、確認のFAX BACKをもらえば運送依頼の業務は完了です。

ところがなかなか受けてもらえる業者さんが見つからないんで、「キャンセル出たら教えて下さい!」とお願いをしながら、何度もあちらこちらの協力業者さんに電話をしまくることになります。

きっとKAUぞうの同業者はこの時期みんな同じことをしていると思うんで、電話かける方も受ける方も、ものすごい時間と労力を使うことになりますよね。

東京港のコンテナ積み下ろし待機時間の短縮や、混雑の緩和など、根本的なところから改善していかないと、どんどん厳しくなってっちゃうんじゃないでしょうか。

・・・・とまぁ愚痴はこれくらいにして・・・。

今日は船の環境規制の話です。


自動車については、どこどこの国では何年までに電気自動車の割合を何パーセントにする方針だ、とか、いろいろ排気ガスの規制の強化が話題になってますよね。

以前もお伝えしましたが、いま船についても、同じように排気ガスの規制が大きな問題になっています。

4月9日から13日まで、「国際海事機関(IMO)」による第72回海洋環境保護委員会(MEPC72)がロンドンで開催されました。ちなみにこの会合の議長国は日本。

ここで国際海運の温室効果ガス削減目標についての議論が行われました。

その結果、

「2030年までに輸送量当たりの全体の燃費効率を08年比で40%改善」

「船舶からの温暖化ガスの排出量を2050年に08年比で半減する」

という戦略が採択されました。

貨物量の増加で「排出量は2050年までに最大250%増加する」なんて試算もあります。

つまり「このままだと2.5倍に増えるところを逆に半分に減らそう」ってことですから結構大変な目標です。

当初日本としては「2060年までの半減」を想定していたところ、会議を行う中で10年前倒しになり、さらに「最終的には排出ゼロも追求する」との内容も盛り込まれたとのこと。

特に地球温暖化による海面の上昇にで国土の水没が危惧される島しょ諸国の強力なプッシュがあったようです。

こうなるとエンジンの改良による燃費向上とかだけでは追い付きません。

自動車の環境規制で、燃料がガソリンや軽油から電気や水素に移行することが見通されるように、船の環境規制でも燃料から変わっていくことになるようです。

コンピューター制御による「帆」を装備し、風力を利用するエコシップなども開発されていますが、当面の切り札として注目されているのが液化天然ガス(LNG)燃料船です。

既に実用化されていますが、全面的に切り替えていく上で問題になるのが、船の建造と同時に燃料供給のインフラです。

LNG燃料船が世界中で就航するためには、世界中の港に、船舶向けのLNG供給施設がないといけないわけですから、結構大変な話ですよね。

商船三井さんが4月から最新鋭の2万TEU型のコンテナ船を投入されました。

スエズ運河を通れる最大船型だそうで、現在アジア―欧州航路の主力となっている1万4000TEU型に比べるとコンテナ当たりのCO2排出量が25%以上削減されるとのこと。

しかもエンジンがLNG燃料用に換装できるようにしてあるそうです。


MEPC72によっていよいよ期限が切られた船の環境規制。

自動車においても、水素自動車や電気自動車自体の普及と、それへの燃料供給インフラの整備・普及のバランスが、普及拡大のためのポイントだとされてますよね。

しかし何しろ船自体、上記の2万TEU型だと全長400メートル、全幅58.8メートルというとんでもなくでっかいものですからねぇ。
1隻作るのにも注文してから時間もかかるし値段も自動車と比べてとんでもないだろうし。

更にそれに燃料を供給する設備の整備を考えると、どれくらいかかるものなのか、
果たして目標達成に間に合うのか。

新造船をどんどん作ると、また輸送力が余って海上運賃が下落して赤字になるし、
対応が遅れて規制違反になって、船の運航や港への寄港が出来なくなっては元も子もないし・・・。

船会社さんにとって、難しい舵取りが要求されますね・・・・船だけに・・・・・あ。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。


引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
続きを読む

テーマ:輸入代行 - ジャンル:ビジネス

[2018/04/27 00:03] | 法律関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 中国が米国から輸入しているモノ
すっかり暖かくなり、桜も例年より早く満開だそうですね。
ここ数日良い天気も続いています。

KAUぞうのところの本社事務所、お台場やレインボーブリッジを見渡せるビルの最上階で、とにかく見晴らしはすごくいいんです。

今日も打合せするのに会議室に入って窓の外を眺めながら、

「いい天気だねぇ」

なんてやってました。

「でもなんか霞んでるねぇ」

「春霞ってやつじゃない?風流だねぇ」

なんて会話をしてたんですが・・・

そのあとスマホに配信されたニュースを見たら、

「関東 PM2.5濃度高め 霞む空」
「今年初『黄砂』飛来か 近づく赤茶の帯」

だそうな・・・。
全然「春霞」なんてのんきな話じゃないですね。

花粉も「スギはピークで次はこれからヒノキが」なんて話だそうで。

当分外出の際にマスクは欠かせないかもですね。


さて、見通しが霞んでいると言えば(ウマい)、国際、国内とも政治の行き先がなんとも不透明になって来ました。


米国トランプ大統領、ついに本性を現したというか、まさかここまでやるかというか。

「米国第一」として、「鉄鋼とアルミニウムに追加関税をかける」と言い出したのが今月3月1日。

各国が対象除外のために動き始めたところに、3月22日は

「中国による知的財産の侵害がある」

として、中国からの家電製品など約1300品目の輸入に対して500~600億ドル
(約5・3兆円~6.3兆円)相当の制裁関税を課すよう指示する大統領令に署名。

一気に「米中貿易戦争突入か?!」なんていう事態にまで突入しちゃいました。


・・・えー、KAUぞうの能力ではこれ以上のフォローや解説は無理なんで、この手の話が延々続くかを思った皆様、ご安心ください・・・・


で、国際物流の話です。

実はですね・・・って程のことではないんですが、確かにここのところのアジアから米国向けの輸出は増えています。

コンテナ数量ベースですが、2月のアジア18ヵ国・地域発米国向けの貨物は、過去最多を記録。
前年同月と比べて19%も増えてるんです。

もっともこれは今年は旧正月(春節)が去年より遅かった影響が大きいようですが。
(去年が1/26、今年が2/16)

一方米国発アジア、特に中国向けの貨物は減少が続いています。

米国発のコンテナ数量は、集計に時間がかかるのか情報更新がちょっと遅くて昨年12月のものですが、9ヵ月連続の減少でした。
(以下も含めデータは日本海事センターHPによる)

それでは米国から中国にどんなモノがどんな風に動いているかみてみると・・・。


1位 「紙、板紙類及びその製品」で33.3%減。15 ヶ月連続の減少。

2 位 「木材及びその製品」で53.2%の大幅増、かつ4 ヶ月連続で2桁の増加。

しかし

3 位 「動物用飼料」21.0%減で22 ヶ月連続の減少。

4 位 「家具及び家財道具」4.5%減で3 年ぶりの減少。

5 位 「金属スクラップ」30.8%減で 9 ヶ月連続の減少。


今回調べてみて、また皆さんも以上のリストを見て感じたと思うんですが、コンテナ数量ベースでみると、

「紙」とか「木材」とか「飼料」とか「家具」とか「金属スクラップ」とか、

米国から中国に輸出されている貨物の上位ってそんなものなの?!

ってのがちょっとびっくりでした。


もっとも考えてみたら、実は日本から中国向けのコンテナ貨物も、もちろん金額ベースでは工作機械とかが多いんでしょうが、金属スクラップだとか廃プラスチックだとかが結構多くを占めています。

最近も、

「1月の日本発中国向けコンテナが5カ月連続減少。前年同月比8%減。中国の資源ごみ規制が影響」

なんていう記事が海運関係の業界紙に載ったりしています。

昨年後半くらいから中国がスクラップなどの資源ごみの輸入規制を強化していて、その影響が日本から中国に向かうコンテナ数量の8%にまで及んでるんです。

米国からの「金属スクラップ30.8%減」なんていうのもおそらくこの中国の規制の影響だと思います。

あくまでコンテナ数量ベースの話ですが、米国、日本から中国に運ばれている貨物のイメージ、ちょっと修正しなくちゃいけないかもしれませんね。

それにしても、米国と中国、政治的にも経済的にも巨大なこの二国に、世界はこれからどんな風に振り回されて行くんでしょうか。

そして国際物流と国際物流業界、KAUぞうのところと、KAUぞうの未来・・・・具体的に言うと4月の昇給は・・・。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。


引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2018/03/29 16:38] | 時事ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 行く人来る人
2月も終わりとなり、日差しも伸びて少し春めいてきたでしょうか。

季節の変わり目、これからの時期、雨や風や、さらには花粉など、
それなりに落ち着いていた冬に比べて、毎日天候が気になるようになりますね。

3月に入ると卒業式のシーズンです。
そして4月には新入学、新入社のシーズンを迎えます。

今回は業界ネタから離れて、ちょっとそんなことについての話を書きます。


何度かこのブログでも「新入社員まだ募集中です!」とか書きましたが、
お陰様で1月に3人目の内定者が決まり、2018年4月は予定通りの採用をすることが出来ました。

昨年2名、今年5名と、この2年で合計5名のフレッシュな新人を採用できたんですが、一方で去っていく方もいました。

昨年11月には、当社の前身である富士浅野海運時代に大学新卒で入社された大先輩が、定年退職を迎えました。

また、こちらがメインの話になるのですが、昨年9月、現役の取締役会長である小池憲二会長が急逝されました。

ちょうど70歳。

高卒で富士浅野海運に入社され、35年前に共同フレイターズがそこから分社した際に当社に移られ、そこから叩き上げで社長、そして会長までなられた方です。

18歳から70歳まで。実に52年間、当社に、そしてこの業界一筋ににいらしたことになります。

ホームページと公式FBページでも告知させて頂いたのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、先週金曜日2月23日にその「小池憲二を偲ぶ会」を横浜中華街にあるローズホテル横浜にて開催させていただきました。


こういう会についてどういう表現をすればよいのかよくわかりませんが、大変「盛会」で、たくさんの方にお出でいただき、大変立派なお別れの会を行うことが出来ました。

現社長の挨拶に始まり、30数年来公私ともにお付き合いのあったお客様や業界で50年来の付き合いがあり、一時期当社の取締役も務めて頂いたOBの方など、計5名の方から追悼のお言葉を頂きました。

みなさん大変感動的で、会長のお人柄が偲ばれるエピソードやお話を頂いたのですが、KAUぞうが中でも一番うるっと来そうになったのが、始めの方で紹介した、昨年11月に定年退職された先輩のお話でした。

いくつかされた思い出話の中で、特に記憶に残ったのがこんなエピソードです。


もう30年以上も前、先輩が横浜支店で輸入通関を担当されていたころ、小池会長が直属の課長だったそうです。

ある時輸入申告で大失敗をしてしまい、本来より100万円も多く税金を納めてしまった。
これはもう責任を取って会社を辞めるしかない、そこまで思い詰めていたところ、当時課長だった小池会長から、

「明日一緒に税関に話に行ってやる。そのかわり朝7時に会社に来い」

と言われたとのこと。

言われた通り翌日朝7時に出社すると、小池会長は一人で机に向かって仕事をしていて、特に声をかけてくるわけでもない。

税関が開くのは8時半ですから、それまでどうするのだろうとは思っていたのですが、小池会長は黙々と仕事をしているだけ。

仕方がなく、自分の机で、どうなるのかという不安を感じながら、じっと座って待っていたそうです。

8時半前になると、小池会長は「それじゃあ行くか」と声をかけてきて、一緒に税関に向かいました。

税関に話をしたところ、幸い寛大な処置を頂き、加納税分については他の申告の税金に充当することを認めてもらうことができ、会社に損害を与えずに済むことが出来ました。

帰り道、ようやくほっとした先輩に小池会長は声をかけ、

「お前は7時に来いと言ったらきちんと時間通りに来てくれた。
俺が黙って仕事をしている間も自分の席に座って、不安な思いと向き合いながらじっと待機していた。
そういうお前の気持ちが税関に伝わったんだぞ。」

と言ってくれたとのこと。


・・・・なんでしょう、今の時代の、効率性とか、すぐに再発防止策がどうとか、もちろんそういうことも大事ですが、それと違った時代の、違った世界の、仕事との向き合い方、「上司」と言う存在のあり方がしみじみ伝わってくるエピソードで、不思議な感動を覚えました。

KAUぞうも、昨年や今年の新入社員に、ウン十年後にこんな素敵なエピソードを語ってもらえるような立派な上司になりたいなと思います。

・・・・逆にすぐ上司になられちゃったりして・・・・・。



いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。



通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2018/02/28 11:03] | 共同フレイターズに関して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 年末年始、東京港の大混雑継続中
さすがに今更ではありますが、皆さま新年あけましておめでとうございます。

早いものでもうすぐ1月も終わり、1年の12分の1が終わりますね。


ところで先日の大雪の影響、いかがだったでしょうか?無事帰れましたか?

KAUぞうのところも、「早く帰りなさい」指示が出て、早く帰れる人から帰りました。

でも結局、「早目に帰って良かったぁ。もう少しで電車が止まるところだったよぉ」ってのは一人くらいで、あとは各社一斉の早目帰宅による混雑や電車の遅延で、ものすごく時間がかかった、苦労したって人の方が多かったようです。

逆に、開き直って8時過ぎまで仕事してた人間の方が、「電車空き空きで余裕で座って帰れました」って結果だったそうで。

こういう場合の帰宅のタイミングって難しいですよねぇ。
遅い方が簡単に帰れたってのはあくまでも結果論で、もしかしたら電車がもっと止まっちゃってたかも知れませんし。

あの雪の影響で首都高を始め高速道路がかなり閉鎖され、トラック輸送はかなりダメージを受けたという報道がありました。

幸いKAUぞうのところでは、お客様への納品等で雪による直接の影響はあまりなかったようです。

・・・が、雪の影響とかではなく、年明けから港、特に東京港の混雑で、お客様にご迷惑をおかけしている状況が続いています。

今日はその辺の状況についてのご説明といいますか言いわけと言いますか・・・です。


毎年この時期、年末年始から春節=旧正月にかけての時期は港湾や輸送が大変に混雑します。

日本は年末年始に結構まとまった休みになる会社様が多いですが、海外はそれほどでもなく、普通に船は入って来ます。

一方、中国・東南アジアは旧正月=今年は2月16日=の方が「本当の正月」で長い休みになります。

国土の広い中国では、海岸部から内陸への帰省に3日とかかかるので、工場が何週間も休みになったりします。

その為、その前後に駆け込みとスタートで毎年貨物が大量に動くんですね。


そんな中でも特に今年は世界的な好景気で貨物量自体が増えているためか、ここ数年なかったくらいのかなりひどい混雑状況になっています。

年明けの東京港ではコンテナの積み下ろし場所であるコンテナヤードがいっぱいなため、本船が入港しても接岸出来ない、接岸できてもコンテナが下せない、そんな状況も発生したとのこと。

京浜港で本船のスケジュールにまで影響を与える混雑ってのは、今までほとんど聞いたことがないです。
港に入る順番を、「横浜を先に入港することに変更」くらいはありましたが、入港後沖での滞船なんてのは少なくともここ数年は無かったんじゃないでしょうか。

一時期よりも改善されたといわれていたコンテナ搬出入も、この年明けに関しては無茶苦茶になっています。
空コンテナを下すのに4時間、やっと空を下してもらって次に実入り(中身の入った)コンテナを積みにいったら今度は5時間待ち、そんな状況も頻発しているとのこと。

コンテナ1本下して積むのに9時間、10時間・・・。

ただでさえドライバー不足、ドレー不足が問題になっている中で、これではまともに物流が回るわけがありません。

また、差し障りがあるかもしれないんであれですが、昨年末に新たにオープンした某コンテナターミナルがうまく動いていなくて、そこに関しては空コンテナ下ろすだけで7時間待ちという「新記録」が発生しているそうです。

KAUぞうのところでは、ドライバーさんに少しでも早くコンテナの積み下ろしをしてもらうため、乗用車でドレーの列に並んで下したり積んだりしてもらう順番取りをしています。そうでもしないと、全然予定通りにコンテナを運べないんです。

というか、それでも結局間に合わなくて、予定よりも納品が1日遅れたりしています。
そうすると次の日も目一杯予定が入っているんで、玉突き的に予定がずれちゃって・・・。

結局お客様の倉庫の方に無理をお願いして、本来お休みの土曜日に作業をして頂いてなんとかスケジュールを取り返して。
ところが翌週また・・・。

年明けからそんな状況がずっと継続中です。

KAUぞうのところも乗用車で並んでいる間、当然他の仕事ができません。そうすると今度はKAUぞうの会社で本来やるべき仕事の方にしわ寄せがきて、大忙し・・・・。


これはKAUぞうのところだけじゃなくて、東京港の貨物を取り扱っているすべての同業者さんも同様の状況です。

東京港のコンテナターミナルの整備計画もいろいろ立てられてはいるようですが、このままではとにかくみんな擦り減っちゃいますよね。

特にコンテナを運送されるドレー業者さん。

コンテナを下して積むのに5時間も6時間も7時間も8時間もかかってるのに、もらえる料金はそこから納品先までの運送料だけ。
こんな状況では商売としていつまでも続けられるわけがありません。

そうなるとまた業者さんが少なくなってコンテナが運べない・・・。
悪循環になりかねない本当に危機的状況だと思います。


そんな状況なので、とにかく輸送のオーダーを受けてもらうのが大苦労。
すでに予定が2月半ばまではいっぱいで、何とか「ねじ込んで」もらっている状態です。

荷主各位におかれましては、輸出入のご予定がありましたら、特に陸送について何卒少しでも早目のスケジュールの御連絡を頂けますようお願い申し上げます。


・・・今回は落ちの無い、ちょっとシリアスな話になっちゃいました。
あと数週間、なんとか乗り切らなきゃです。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2018/01/30 16:09] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>