FC2ブログ
■KAUぞうの通関業・輸出入手続きの情報|いよいよ、関税のお話
1月もあっという間に最後の週に突入してしまいました。


みなさん、新年のスタートダッシュはうまくいってらっしゃいますでしょうか。

1月は行く、2月は逃げるなんて言います。

今日は無駄話をせず、さっくりと本題の「関税の話その(3)」に入ります。

KAUぞうの無駄話を是非聞きたい、もっと聞きたい、それがなきゃこのブログなんて読まない!という方。

ご要望いただければそのうち「無駄話だけバージョン」をお送りしますんで、どしどしメールください!

・・・無駄話でした。


さて、関税についてです。



まず基本的なことですが、関税がかかるのは輸入の時だけで、輸出の時はかかりません。


ただし、これは「日本では」のことで、国によっては輸出の時に税金をかけるところもあります。
たとえば中国では取っているようです。


この輸入関税、前々回お話した通り、国際条約に基づく「HSコード」=税番で品物ごとに決められています。

あの時例にあげた、野菜か果物かで国際問題になりかけた生のトマトであれば、

”0702.00”です。

ちなみに国際条約により、トマトは野菜と認定されています。

これをどうやって調べるのかと言うと、「実行関税率表」という、一冊2万3000円もする電話帳くらいの厚さの
本がありまして、これに載ってます。

で、長年にわたり、ジャージ姿にサンダルかスリッパ履きのむさい男の通関士が、薄暗い部屋の中でこの本を
めくりながら一生懸命載ってる場所を探してきたわけですね。


(このブログを最初から読んでいない方には意味不明ですね、ごめんなさい。)


・・・・が、いまはインターネットという大変便利なものがありまして、税関のホームページで同じ内容を見ることができます。


これならおしゃれな女性通関士もばっちりです。


下記がトマトのHSコードが載っている、税関のページです。上から2行目がトマトです。

http://www.customs.go.jp/tariff/2014_1/data/i201401j_07.htm



このページ、開いてみていただけましたでしょうか?


なにかあれっ?って思われませんでしたか?


左端にHSコード。

その次が、日本が国内の法律で細分した番号。

次に品名、「トマト(生鮮のもの及び冷蔵のものに限る。)

その隣に関税の税率が載っていると思いきや・・・

5%。一つおいてその右に3%。また一つおいて、今度はずらりと無税、無税・・・。

で、0.4%、・・・・まだ続きます。



そうです。


実は関税って、一つの品物に対してひとつじゃなくて、たくさんあるんです。

これはトマトが野菜か果物かどころじゃなくて国際問題になりますよね。


さて、これでようやくこの「関税の話」のマクラで入れた、TPPの話に戻ってきました。



次回はこの関税の種類についてお話させていただく予定です。




通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行
します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2014/01/27 14:06] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<■KAUぞうの通関業・輸出入手続きの情報|関税のお話(関税の種類について) | ホーム | ■KAUぞうの通関業・輸出入手続きの情報|国際物流と正月休みのお話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kaucustoms.blog.fc2.com/tb.php/9-568bc80f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |