FC2ブログ
■ 2020年1月1日スタートの二つのトピックの話
皆様あけましておめでとうございます。

今年は12/28(土)から1/5(日)まで、年末年始9連休だった、という方も多かったんじゃないでしょうか。

KAUぞうのところも同様で、久しぶりにゆっくりとした年末年始を過ごすことができました。

特に泊りで旅行に行ったりってのはしなかったんですが、いつもは下手すると大晦日になっちゃう年賀状書きも少し早目に出来ましたし、大掃除も追い詰められた感じじゃなく(比較的にですが)計画的にできたし、とに

かく「余裕のある」という形容がぴったりくる年末年始でした。

しかし年末のゴーンさんの脱出劇や、そうかと思ったら新年早々の米軍によるイラクでのイラン軍高官攻撃。
びっくりしましたね。

今年はオリンピックイヤーでもありますし、何とか穏やかで平和な年になってほしいものです。

さて、国際物流の話でいうと、船舶SOx(硫黄酸化物)規制がいよいよ2020年1月1日よりスタートしました。

これは2016年10月に開催された国際海事機関の海洋環境保護委員会で、船舶の燃料油に含まれる硫黄分濃度を現状の3.5%以下から0.5%以下とすること、その規制を2020年1月から適用すること、が決定されていたもの。

昨年後半はこれへの対応や、そこでのトラブルについての記事が業界紙をにぎわしていました。

前にもここで書きましたが、結局この規制に対応するには、燃料を値段が高い、硫黄分の低いものに切り替えるか、船に「スクラバー」と呼ばれる排ガス浄化装置を搭載するかしか具体的な対策はありません。

ところが硫黄分の低い「規制適合油」。硫黄分についてとかの規格は定まっても、粘度とか、細かいところは揃っているわけじゃないんで、実際に給油してテストしてみないとわからない。

試してみたら燃料タンクの中に大量の沈殿物(スラッジ)がたまっちゃったり、燃料噴射装置やフィルターが目詰まりをおこしちゃったり、いろいろ不具合が出て来ちゃった。

スクラバー(排ガス浄化装置)にしても、まず船を定期航路から外して取り付け工事をしなきゃいけないし、技術的な細かいことは書きませんが(本当はよくわからない・・・)、これも実際に動かしてみるといろいろ不都合が出たりする。

それにどちらにしても費用が掛かるわけで、その分を海上運賃に「サーチャージ」という形で載せて転嫁しなければならないって話もあって、これがまた船社によっていろいろな名前や金額で出てきたりという問題もありました。

現時点でまだスクラバー搭載のために係船されている船が結構あり、コンテナ船の船腹がひっ迫しているとの報道がありますが、とりあえずコンテナ定航の各船社は対応ができたようです。

この1月1日からの国際物流・貿易の世界でのもう一つのトピックは日米貿易協定の発効です。

なんだか日米当局間でいろいろ交渉はしているようだけれど、本当に協定が結ばれるのか、国会を通るのか。

なんて思っている内に、昨年の12月4日、あっさり・・・かどうか本当のところはよくわかりませんが、印象として・・・参院を通過して、1月1日発効が決まっちゃいました。

で、KAUぞうのところでも、米国から輸入をされているお客様からいろいろ問い合わせがあったり、いつもなら年末に急いで通関するところを「年明け日米貿易協定が発効してから申告してくれ」というご指示を頂いたり。

どんどん積みあがっていく「申告保留」の書類を見て、ただでさえ例年より長い年末年始9連休明けの1月6日はどいうことになるんだろうと、ちょっと怖かったりしました。

実際に年が明けて約1週間、今のところ日米貿易協定がらみでは特に問題もなく申告・許可が進んでいるようです。

通関担当者に聞いたところ、TPPや日EU・EPAと違って、対象品目が一次産品、つまり農産物とかが多いこともあって意外と日米貿易協定関税適用のハードルが低いとのこと。

記憶に新しい日EU・EPAだと、加工食品だと、原料のどれがどの国のものかとか、原産地の割合がどうとか結構面倒でした。主要部分の産地がどこかだけじゃなくて、調味料や添加物がどこのものだとか、どこで加工したかとか。

それに対して確かに農産物の一次産品でしたら「どこの農場で採れたものか」だけで米国産かどうかの確認は済みますものね。


さて、スタートした2020年、「令和」で迎えた最初の新年ですが果たしてどんな年になるでしょうか。

中東でのキナ臭い話以外にも、米中貿易戦争の行方とか、Brexit後の英・EUの貿易協定がどうなるのかとか、いろいろ心配なことは山積みです。

世界の平和と安定があっての国際貿易・国際物流であり、そのようなモノや人の交流が積み重なっての国際間の平和ですから、是非是非いろいろなことが平和に解決される一年になってほしいと思います。

いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト



[2020/01/09 16:24] | 時事ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | ■ WTO「途上国」と特恵税率の話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kaucustoms.blog.fc2.com/tb.php/63-777bc972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |