FC2ブログ
■ 食料品の消費税の減免税が意外と関係があって厄介だった話
台風15号の関東直撃、びっくりしましたね。
被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

月曜日の朝の通勤、ご苦労された方も多かったんじゃないでしょうか。

KAUぞうも駅で改札を通るまでに並んで、超満員電車になんとか乗り込み、ようやく浜松町についたらものすごい暑さ。
会社についた時点でヘロヘロになってました。

今年は7月の途中までなかなか暑くならなくて、暑くなったと思ったらとんでもない真夏日が続き、台風やら豪雨やら、明らかに気候がおかしくなった感のある夏でしたね。

世界経済や政治の世界も明らかにいままでとは「気候」が変わっ来た様子です。

米中貿易戦争に日韓関係、英国のブレクジットもどうなるかわからないし、イランの核合意離脱を巡るホルムズ海峡のタンカー運航の危険や、数え上げたらきりがないくらい事件というか問題があって、それらについて何かあるたびに経済の方もガタピシしています。

日本でもいよいよ消費税の増税が目前に迫ってきました。
今日はその消費税、それも今色々と話題(問題?)になっている、食料品の減免税について書こうと思います。

海外から貨物を輸入する際、品物によって関税がかかります。いま米国と中国がお互いに掛け合ったり税率を上げ合ったりしている、あれですね。

品物によって無税だったり税率が変わるんで、お客様のご依頼を受けてどの税率を適用するかを決めて税関に申告するのがKAUぞうのところの仕事わけです。

関税とは別に、輸入する際には「輸入消費税」もかかります。国内で生産された品物であれば最初に生産者から卸業者などに販売する段階で課税されますが、海外から来た品物の場合は、最初、税関が輸入の際に徴収する仕組みです。

で、問題になるのが食料品に対する減免税です。

「どうも本当に消費税の増税が実施されそうだぞ」となったあたりから、マスコミでいろいろ取り上げられてますよね。
例えばファストフード店やコンビニで購入した食べ物を持ち帰ると8%だけど、店内で食べると10%になる。どうやって区別をつけるのか、とか。

最初の内KAUぞうも、「いやー分かりにくいよねぇ。お店の人大変だなぁ」なんてのんきに見てたんですが・・・・待てよ、と。これ、輸入消費税もめっちゃ関係あるやん!と気づいたのが、ある営業担当者へのお客様からの問い合わせでした。

輸入する貨物が食品かどうかなんて、一見はっきりしていると思いますよね。ところが、例えば「塩」なんてどうでしょう。

「フランスなんとか地方の高級○○塩」とかであれば食品だとはっきりしています。でも、塩って実は工業用の原料だとか、道路の凍結防止用だとかで輸入されるものも結構あるんですよね。

それ以外にも食品添加物として使用される化学品だって、食品に使用するか、他のものに使用するか、全く同じものでも用途によって食品かどうかが違っちゃいます。

で、慌てて色々調べたんですが、これが意外と税関からのアナウンスが無いんです。
やっぱり税関というよりも国税庁が主な担当官署だからでしょうか。

ようやく見つけたのがこちら。今年4月の神戸税関からの案内です。
http://www.kanzei.or.jp/kobe/kobe_files/pdfs/cus_info/20190425keigen.pdf

ざっと見ていただいて、「意外とめんどくさそう」というのを分かっていただければなぁと・・・。

いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。


引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト



[2019/09/09 19:31] | 時事ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |