FC2ブログ
■ 今そこにある危機 ― 宅配便ほど注目されてないけれど東京の港湾物流がまじヤバイ!というお話
梅雨が明けましたね。

今年は記録的に日照時間が少なかったそうですが、梅雨が明けた途端にものすごい暑さですね。
梅雨の間の九州・中国地方の豪雨も凄かったですね。
ヨーロッパでも異常な熱波が来たそうで、やはり温暖化の影響が確実に進んでいるんでしょうか。

今日は東京港の「物流危機」ついてです。

色々と報道されているのでご存じの方も多いと思いますが、東京五輪まで残り1年を切る中、五輪開催期間中の交通の混雑対策のテストとして現在「テレワーク・デイズ2019」というのが行われています。
テレワーク・デイズ2019HP https://teleworkdays.jp/

期間は7月22日から9月6日まで。
この取り組み、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が、東京都および関係団体と連携して2017年から毎年行っているもので今年は3年目。
内容はこの期間、在宅勤務、サテライトオフィス勤務、時差出勤を行って、五輪客で混雑する都内の交通の混雑緩和を図ろうというものです。

いま大きなテーマになっている「働き方改革」の方法の一つ、テレワークを浸透させる目的も含め、いわば一石二鳥の計画です。

その他東京五輪中の混雑対策として、7月24日と26日には首都高速道路の入り口閉鎖なども行われました。
結果的には電車・道路とも、それほど大きな混雑緩和の効果は出なかったようで、来年の本番に向けて、これからまだいろいろな取り組みが行われると思います。

ちなみに、KAUぞうの本社があるビル、JR浜松町駅南口から徒歩6分。ゆりかもめの竹芝駅から徒歩3分。お台場やベイブリッジを臨む、ついでに言っちゃうとオリンピック選手の宿舎を海の向こう側に臨む場所にあるんですが、東京五輪「臨海部混雑マップ」を見ると載っていない、という微妙な位置だったりします。

臨海部混雑マップ
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/06/19/documents/09_01a.pdf

この来年の東京五輪がらみで東京港臨海部の混雑がいろいろ取り上げられてるんですが、実は今回話したいのはそこではありません。

見ていただきたいのが7月9日のこちらの日経の記事。電子版に登録しないと内容まで読めませんが、リードの部分だけで問題が伝わると思います。

「 東京港、物流パンク寸前 インフラ戦略 ひずみ映す 進む道路整備 港は後手 五輪迫り対応急ぐ 」

内容は、中央環状線や外環道、圏央道と首都圏の道路の整備は進められてきたのに、貨物の受け入れ口である東京港の整備が遅れていて、そのひずみが今の「パンク寸前」状態を招いた、というもの。

東京港が扱った外貿コンテナ(輸出入コンテナ)の数は、03年には307万TEU。それが14年には439万TEUと1.4倍にまで急増した。ところがコンテナの積み下ろしを行うバースの数は、04年の20バースが2017年に1バース増えただけ。
(2018年の速報値は457万TEU)

いま中央防波堤の外側に、17年にオープンしたY1に次いでY2ターミナルというのを建設中で、計画を見ると今年度中の供用開始を予定しいるようです。

もう一つが海運関係の業界紙である「海事新聞」の7月30日の記事。こちらは無料のリンクが無いようなので見出しだけ引用させてもらうと、「東ト協海コン部会 輸送力 急速に低下 稼働台数、初の3万台割れ」というもの。

「東ト協海コン部会」というのは「東京都トラック協会海上コンテナ部会」のことで、記事の元となった
同協会発表の「 海上コンテナ車両運行稼働台数の推移 」の表がこちら。

港のキャパが足りないからコンテナの積み下ろしに時間がかかる。港で積み下ろしに時間がかかるからコンテナ輸送業者(ドレー業者)が採算が取れずに廃業して東京港のコンテナ輸送力がどんどん減っていく・・・。

「2019年度内供用開始予定」のY2ターミナルが、東京港のキャパオーバーを少しでも緩和してくれるといいんですが、今までの経験から行くと、オープンしたてのターミナルって、オペレーションが落ち着くまで何カ月もかかるし、その間は逆にとんでもない待ち時間(7時間とかもっと)になったりするんですよねぇ。

しばらく前から陸上の輸送については、AmazonをはじめとしたECの普及による物量の増加で、「物流危機」が大きな社会問題として注目されました。ヤマト運輸さんが大幅な値上げをしたり、というのも記憶に新しいですよね。
最近ではメーカーや大手流通さんが企業の枠を超えて共同配送の仕組みを作ったり、着実に対策が進められつつあります。

ところがその陰で、東京港の海上コンテナ輸送は、本当にこりゃまずいんじゃない、という状況になっています。

そのことを、KAUぞうはこの場を借りて声を大にして言いたいわけです・・・・日経の記事の方が、このブログよりはるかにたくさんの人に伝わってるけど・・・・。

いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト



[2019/08/01 00:41] | 時事ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |