FC2ブログ
■ GW10連休を前に
「GW10連休を前に」

4月も後半となりました。
KAUぞう的にはとにかく忙しい日々が続いております。

4月 2日頃に「4月がスタートしました」と言う書き出しで、令和ネタ、新入社員ネタを書きかけたまま、あれ?っと思ったら今日まで一瞬で過ぎちゃった感じです。

KAUぞうのところは6月決算なんで3月末は会社的には期末ではありません。

それでも日本の国全体は「4月から新年度」と言うことで動いていますんでやっぱり毎年いろいろと慌ただしいです。


まずここ3年ほど連続で、4月から新卒新入社員を迎えています。
今年も3名、ピカピカの新入社員が入社してくれました。

それと同時に、既に3月から今度は20年卒の採用が動き出しておりまして、3月27日、28日に本社と横浜支店で会社説明会を開催させてもらいました。

今年の新入社員の研修やOJTと並行して、20年卒生の採用面接なども始まっています。

お陰様でと言いますか、最近KAUぞうのところは、なんだかやたら若者が出入りする会社になっています。


それに4月と言えば、何と言っても法律等々の改訂・改正があります。

情報ニュースレターなどでもお伝えいしていますが、2月 3月はTPP11や日EU・EPAの原産地証明関係が結構大変でした。

4月 1日からは中国の「特恵」全面卒業だとか、その他いろいろと法律の改正がありますし、関税率の変更もあるので、客様に素早く情報をお届けするためにもアンテナを高くしておかないといけません。


そんな中、いよいよ迫ってきたのが4月27日からのゴールデンウィーク10連休です。

KAUぞうのところは基本的にはカレンダー通りの休みです。
個人的には楽しい嬉しい10連休ですが、お仕事的には不安要素がいっぱいです。

何しろ日本で10連休なんて言うのは初めてですから、一体どうなっちゃうのか誰にも分からない、と言うのが本当のところ。
KAUぞうのところに限らず、お仕事によっては同じように不安を抱えている方もいるんじゃないでしょうか。


KAUぞうのところの仕事は国際物流です。
日本が祭日でも外国には関係ありませんから、通常は船は普通に来るし、港も船からコンテナを下す海側の作業は行います。

でも、陸側がお休みで10日間もコンテナを出さないまま、どんどん船から降ろしていったら、普通に考えて港がコンテナであふれちゃいますよね。

そこでGW期間中に港の陸側がが動くのか動かないのか、つまりコンテナを出せるのかどうか、お客様からも質問を頂きますし、早く知りたかったんですが、これがなかなかはっきりしなくて、ずっとどうなるんだろうという感じでした。

でもこれは港が悪いわけじゃないんです。

海外を含めた船会社が、この連休中は日本に船を着けないようにスケジュールを調整するとかしないとか言う話があって、それがはっきりしないと港も計画が立てられない。

でも日本に寄港する船会社は世界中にたくさんあるんで、結局個々の船会社さんがどうするのかが分からないと全体像というか結論がはっきりしない。そんな状況が続いていました。

15日に業界紙がGW連休期間中の国内港湾の臨時オープン状況をまとめてくれ、ようやく見えるようになりました。

それを見ると比較的多くのコンテナヤードが、事前予約制で4/30(火)、5/2(木)、5/6(月)は時間はまだ決めないもののオープンの方向のようです。

ところが、ニュースでご存知の方もいるかもしれませんが、今年は港湾春闘が揉めています。

4月に入ってから毎週日曜日に24時間ストを行っているのに加え、4月15日(月)に、実に22年ぶりの平日24時間ストライキが行われました。

このまま労使の間で話が着かないと、10連休中も4月28日(日)から9日間のストライキを行う動きもあります。

そうなるとコンテナヤードがオープン予定でも貨物は動かせませんから、休みの間港は完全ストップとなります。
4月24日(水)にその結論が出されるとのことで、ぎりぎりまでどうなるか、関係者は固唾を飲んで見守っている状態です。

コンテナヤードに事前予約をしてコンテナを運ぶ手配をしていても、ストライキとなるとドレーのキャンセルをしなければならず、そうすると休日割増に加えてキャンセル料が発生しちゃいます。
こうなるとよほど急ぎのところ以外は休み中の事前予約を行うところも少ないんじゃないでしょうか。

確実なのはGW明けの港の大混雑です。
解消まで1カ月はかかるとの予想もすでに出されています。

新しい「令和」の時代を迎える本来は大変おめでたい10連休ですが、手放しで休みを喜べないのがつらいところです。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。


引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト



[2019/04/19 16:48] | 時事ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |