FC2ブログ
■ 再びトランプの貿易戦争の話
北海道胆振東部地震で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。


さすがに朝夕には上着が欲しい季節になりました。
そんな中、またもや台風が来ています。

しかも「猛烈」で速度が遅くて、さらに「えっ?」ていうくらいの急カーブを切って、九州や本州にも上陸しかねないルートをたどりそうだとのこと。

今年はもうほんと本船のスケジュールは乱れっぱなしです。

入港が遅れて、せっかく手配したドレーをキャンセルしなきゃになったり、向け地が抜港になってブッキングの変更が必要になったり。

輸入も輸出もまだまだドタバタが続きそうです。


さて、皆さんもご存じの通り、9月24日、米トランプ政権は新たに2000億ドル相当の中国製品に対する関税を発動しました。

これに対して中国もすぐに600億ドル相当の米国製品を対象に報復関税を発動。
どこかで交渉して妥協するだろうという楽観的な予想を裏切って、米中貿易戦争はいよいよ泥沼とも、血みどろとも呼ばれる領域に突入しちゃいました。

米中貿易戦争の話は7月にもここで取り上げました。

あの時は結論として、米中貿易戦争 → 貨物の激減 → 国際物流の危機 みたいな直接的な影響は、それほどないんじゃないか、というようなことを書いたと思います。

で、その後実際のところどうだったかというと、アジア発米国向けのコンテナ貨物の8月の速報値が、前年同月比ほぼ横ばいの0.6%増の結果となりました。

ここのところ過去最高とかを更新して好調だったんで、明らかに減速と言っていいと状況です。

内訳をみると、シェア1位の中国発に関しては2.2%のマイナス。それを、シェア2位以下の、韓国、台湾、ベトナム発の増加がカバーした形です。

9月24日の関税発動の「2000億ドル相当の中国製品」。対象は生活必需品まで含んでいて、家電や家具など5745品目とのこと。

さらに中国の報復関税への再報復として、2670億ドル相当、つまりは昨年の中国からの輸入額全部に相当するまでに対象を拡大するとか、税率を10%ではなく25%に引き上げるとか、まぁ、一言で言うとすごいことになっちゃってるわけです。

これ、どう考えても、アジア発北米向けのコンテナ物流にやっぱり影響しますよね。

でも正直KAUぞうのところでは、日本からアメリカ向けの輸出貨物はほとんど扱ってないんですよね。

KAUぞうのところの規模では、かなりの量があるという話の、完成車の輸出なんてもちろん扱ってないですし。

むしろ輸出で好調なのが、相変わらずベトナムをはじめとした新興国向けの中古の機械や建設機械類。
貿易戦争の影響で製造拠点が中国から他のアジア諸国に移るんであれば、インフラ整備もまだまだ必要だし、この流れ、これからも続くんじゃないでしょうか。

それと最近急増しているのが中国向けの食品や化粧品、雑貨類の輸出です。

KAUぞうのところで以前中国と言えば、食品とか玩具とか、木製品とか、墓石とかの輸入か、廃プラスチックだとかスクラップの輸出先でした。

それが急速に製品の「消費地」=輸出先になってるんです。
日本への旅行者の「インバウンド消費」もそうですよね。

そうやってふと考えてみて不思議に思うのが、結局今の貿易戦争っていうのが、世界中の国がアメリカに品物を買ってもらいたがっていて、アメリカがそれを「買ってやらないよ」って言ってる構図だってことです。

アメリカは経済が好調だとは言え、トランプさんが問題視してるみたいに貿易は赤字だし、政府も赤字で国債を海外に売りまくっていて、その国債を世界で一番買ってるのが中国なわけですよね。

今アメリカの金利が上がってドルが値上がりして、マネーゲーム的にはアメリカにお金が流れてます。
でも結局そうやって集めたお金で世界中から物を買いまくって、借金を増やし続けてるわけで、いや、ストレートに借金じゃなくて、「金融商品」として売ってるんでしょうけど・・・。

「買ってやらない」が「売ってもらえない、買ってもらえない」になったらどうするんでしょう。

中国は中国でああいう国ですから、政治的、軍事的にはいろいろ問題と言うか摩擦がありますが、急成長していて、お金を一杯稼いでいて、人口もアメリカの3億数千万人に対して13億とか14億とかいるわけですよね。

トランプさん、さすがにEUや日本と正面から貿易戦争をするつもりはないようですが、ヘタ打ったら、アメリカ1stのはずがアメリカlonelyになって、一気に中国に抜かれちゃうんじゃないでしょうか。

まぁだからこそ対抗するために中国のハイテクへの国のテコ入れを問題にしたり、貿易戦争を仕掛けてるんでしょうが・・・。

それと何より怖いのが、米中間で貿易戦争が起きていてさらにエスカレートする恐れがあり、日本とアメリカ、EUとアメリカ、カナダ・メキシコとアメリカの間でも、これから関税や貿易を巡ってややこしい交渉が続くにも関わらず・・・・世界的に経済が好調だってことです。

米国の株価もいったん下がったものの反発して経済も好調だし、日本でも、株価がバブル崩壊後の最高値をつけましたよね。

中国も、アメリカとの貿易戦争の影響対応のために減税を行ったら、景気が良くなったとか何とか。

変な話「米中貿易戦争激化で世界経済失速!」て言うなら、素人のKAUぞうにもすんなりわかるんですが、「世界の経済成長率に〇〇%マイナスの影響を予測」とか言いながら、逆に好調だと何とも不気味で仕方がありません。


・・・・どこにも落ちないだろなぁと思いながら、落としどころのない話をいろいろ書いちゃいました。

11月の米中間選挙とやらが終わって、なんとか全体としてまっとうな方向に向かってくれるといいんですが・・・。

・・・ところでKAUぞうのところ、10月に入っても19卒社員募集中ですので、これ読んでる学生さんがいらしたら是非是非ご応募を検討下さいませ・・・かなり唐突ですが・・・。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2018/09/28 23:50] | 時事ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |