FC2ブログ
■ 中国が米国から輸入しているモノ
すっかり暖かくなり、桜も例年より早く満開だそうですね。
ここ数日良い天気も続いています。

KAUぞうのところの本社事務所、お台場やレインボーブリッジを見渡せるビルの最上階で、とにかく見晴らしはすごくいいんです。

今日も打合せするのに会議室に入って窓の外を眺めながら、

「いい天気だねぇ」

なんてやってました。

「でもなんか霞んでるねぇ」

「春霞ってやつじゃない?風流だねぇ」

なんて会話をしてたんですが・・・

そのあとスマホに配信されたニュースを見たら、

「関東 PM2.5濃度高め 霞む空」
「今年初『黄砂』飛来か 近づく赤茶の帯」

だそうな・・・。
全然「春霞」なんてのんきな話じゃないですね。

花粉も「スギはピークで次はこれからヒノキが」なんて話だそうで。

当分外出の際にマスクは欠かせないかもですね。


さて、見通しが霞んでいると言えば(ウマい)、国際、国内とも政治の行き先がなんとも不透明になって来ました。


米国トランプ大統領、ついに本性を現したというか、まさかここまでやるかというか。

「米国第一」として、「鉄鋼とアルミニウムに追加関税をかける」と言い出したのが今月3月1日。

各国が対象除外のために動き始めたところに、3月22日は

「中国による知的財産の侵害がある」

として、中国からの家電製品など約1300品目の輸入に対して500~600億ドル
(約5・3兆円~6.3兆円)相当の制裁関税を課すよう指示する大統領令に署名。

一気に「米中貿易戦争突入か?!」なんていう事態にまで突入しちゃいました。


・・・えー、KAUぞうの能力ではこれ以上のフォローや解説は無理なんで、この手の話が延々続くかを思った皆様、ご安心ください・・・・


で、国際物流の話です。

実はですね・・・って程のことではないんですが、確かにここのところのアジアから米国向けの輸出は増えています。

コンテナ数量ベースですが、2月のアジア18ヵ国・地域発米国向けの貨物は、過去最多を記録。
前年同月と比べて19%も増えてるんです。

もっともこれは今年は旧正月(春節)が去年より遅かった影響が大きいようですが。
(去年が1/26、今年が2/16)

一方米国発アジア、特に中国向けの貨物は減少が続いています。

米国発のコンテナ数量は、集計に時間がかかるのか情報更新がちょっと遅くて昨年12月のものですが、9ヵ月連続の減少でした。
(以下も含めデータは日本海事センターHPによる)

それでは米国から中国にどんなモノがどんな風に動いているかみてみると・・・。


1位 「紙、板紙類及びその製品」で33.3%減。15 ヶ月連続の減少。

2 位 「木材及びその製品」で53.2%の大幅増、かつ4 ヶ月連続で2桁の増加。

しかし

3 位 「動物用飼料」21.0%減で22 ヶ月連続の減少。

4 位 「家具及び家財道具」4.5%減で3 年ぶりの減少。

5 位 「金属スクラップ」30.8%減で 9 ヶ月連続の減少。


今回調べてみて、また皆さんも以上のリストを見て感じたと思うんですが、コンテナ数量ベースでみると、

「紙」とか「木材」とか「飼料」とか「家具」とか「金属スクラップ」とか、

米国から中国に輸出されている貨物の上位ってそんなものなの?!

ってのがちょっとびっくりでした。


もっとも考えてみたら、実は日本から中国向けのコンテナ貨物も、もちろん金額ベースでは工作機械とかが多いんでしょうが、金属スクラップだとか廃プラスチックだとかが結構多くを占めています。

最近も、

「1月の日本発中国向けコンテナが5カ月連続減少。前年同月比8%減。中国の資源ごみ規制が影響」

なんていう記事が海運関係の業界紙に載ったりしています。

昨年後半くらいから中国がスクラップなどの資源ごみの輸入規制を強化していて、その影響が日本から中国に向かうコンテナ数量の8%にまで及んでるんです。

米国からの「金属スクラップ30.8%減」なんていうのもおそらくこの中国の規制の影響だと思います。

あくまでコンテナ数量ベースの話ですが、米国、日本から中国に運ばれている貨物のイメージ、ちょっと修正しなくちゃいけないかもしれませんね。

それにしても、米国と中国、政治的にも経済的にも巨大なこの二国に、世界はこれからどんな風に振り回されて行くんでしょうか。

そして国際物流と国際物流業界、KAUぞうのところと、KAUぞうの未来・・・・具体的に言うと4月の昇給は・・・。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。


引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2018/03/29 16:38] | 時事ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |