FC2ブログ
■ 年末年始、東京港の大混雑継続中
さすがに今更ではありますが、皆さま新年あけましておめでとうございます。

早いものでもうすぐ1月も終わり、1年の12分の1が終わりますね。


ところで先日の大雪の影響、いかがだったでしょうか?無事帰れましたか?

KAUぞうのところも、「早く帰りなさい」指示が出て、早く帰れる人から帰りました。

でも結局、「早目に帰って良かったぁ。もう少しで電車が止まるところだったよぉ」ってのは一人くらいで、あとは各社一斉の早目帰宅による混雑や電車の遅延で、ものすごく時間がかかった、苦労したって人の方が多かったようです。

逆に、開き直って8時過ぎまで仕事してた人間の方が、「電車空き空きで余裕で座って帰れました」って結果だったそうで。

こういう場合の帰宅のタイミングって難しいですよねぇ。
遅い方が簡単に帰れたってのはあくまでも結果論で、もしかしたら電車がもっと止まっちゃってたかも知れませんし。

あの雪の影響で首都高を始め高速道路がかなり閉鎖され、トラック輸送はかなりダメージを受けたという報道がありました。

幸いKAUぞうのところでは、お客様への納品等で雪による直接の影響はあまりなかったようです。

・・・が、雪の影響とかではなく、年明けから港、特に東京港の混雑で、お客様にご迷惑をおかけしている状況が続いています。

今日はその辺の状況についてのご説明といいますか言いわけと言いますか・・・です。


毎年この時期、年末年始から春節=旧正月にかけての時期は港湾や輸送が大変に混雑します。

日本は年末年始に結構まとまった休みになる会社様が多いですが、海外はそれほどでもなく、普通に船は入って来ます。

一方、中国・東南アジアは旧正月=今年は2月16日=の方が「本当の正月」で長い休みになります。

国土の広い中国では、海岸部から内陸への帰省に3日とかかかるので、工場が何週間も休みになったりします。

その為、その前後に駆け込みとスタートで毎年貨物が大量に動くんですね。


そんな中でも特に今年は世界的な好景気で貨物量自体が増えているためか、ここ数年なかったくらいのかなりひどい混雑状況になっています。

年明けの東京港ではコンテナの積み下ろし場所であるコンテナヤードがいっぱいなため、本船が入港しても接岸出来ない、接岸できてもコンテナが下せない、そんな状況も発生したとのこと。

京浜港で本船のスケジュールにまで影響を与える混雑ってのは、今までほとんど聞いたことがないです。
港に入る順番を、「横浜を先に入港することに変更」くらいはありましたが、入港後沖での滞船なんてのは少なくともここ数年は無かったんじゃないでしょうか。

一時期よりも改善されたといわれていたコンテナ搬出入も、この年明けに関しては無茶苦茶になっています。
空コンテナを下すのに4時間、やっと空を下してもらって次に実入り(中身の入った)コンテナを積みにいったら今度は5時間待ち、そんな状況も頻発しているとのこと。

コンテナ1本下して積むのに9時間、10時間・・・。

ただでさえドライバー不足、ドレー不足が問題になっている中で、これではまともに物流が回るわけがありません。

また、差し障りがあるかもしれないんであれですが、昨年末に新たにオープンした某コンテナターミナルがうまく動いていなくて、そこに関しては空コンテナ下ろすだけで7時間待ちという「新記録」が発生しているそうです。

KAUぞうのところでは、ドライバーさんに少しでも早くコンテナの積み下ろしをしてもらうため、乗用車でドレーの列に並んで下したり積んだりしてもらう順番取りをしています。そうでもしないと、全然予定通りにコンテナを運べないんです。

というか、それでも結局間に合わなくて、予定よりも納品が1日遅れたりしています。
そうすると次の日も目一杯予定が入っているんで、玉突き的に予定がずれちゃって・・・。

結局お客様の倉庫の方に無理をお願いして、本来お休みの土曜日に作業をして頂いてなんとかスケジュールを取り返して。
ところが翌週また・・・。

年明けからそんな状況がずっと継続中です。

KAUぞうのところも乗用車で並んでいる間、当然他の仕事ができません。そうすると今度はKAUぞうの会社で本来やるべき仕事の方にしわ寄せがきて、大忙し・・・・。


これはKAUぞうのところだけじゃなくて、東京港の貨物を取り扱っているすべての同業者さんも同様の状況です。

東京港のコンテナターミナルの整備計画もいろいろ立てられてはいるようですが、このままではとにかくみんな擦り減っちゃいますよね。

特にコンテナを運送されるドレー業者さん。

コンテナを下して積むのに5時間も6時間も7時間も8時間もかかってるのに、もらえる料金はそこから納品先までの運送料だけ。
こんな状況では商売としていつまでも続けられるわけがありません。

そうなるとまた業者さんが少なくなってコンテナが運べない・・・。
悪循環になりかねない本当に危機的状況だと思います。


そんな状況なので、とにかく輸送のオーダーを受けてもらうのが大苦労。
すでに予定が2月半ばまではいっぱいで、何とか「ねじ込んで」もらっている状態です。

荷主各位におかれましては、輸出入のご予定がありましたら、特に陸送について何卒少しでも早目のスケジュールの御連絡を頂けますようお願い申し上げます。


・・・今回は落ちの無い、ちょっとシリアスな話になっちゃいました。
あと数週間、なんとか乗り切らなきゃです。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2018/01/30 16:09] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |