FC2ブログ
■ 物流効率化の話その2.5 と、新入社員の話|通関業代行・流通改善提案
「物流効率化の話その2.5 と、新入社員の話」

早いものでもうすぐゴールデンウィークですね。
ついこの間までコートを着ていたのに、暑くて上着を脱ぐ日も出てきました。

KAUぞうのところでは5月からクールビズを始めます。

1年のうち半分がクールビズってのも、考えてみると不思議な感じです。
やはり日本の亜熱帯化が進んでるんでしょうか。


さて前回、「おっと、そろそろお時間ですね・・・・・・。」なんて書いて終わっててちょっと気持ちが悪いんで、「物流効率化の話」の続きをちょこっとだけ書きます。

書きかけていた「東京港の海上コンテナ待機問題の対策二つ目は・・」についてです。


実はこの対策、残念ながらうまくいきませんでした。

ショートニュースでお伝えしていた、こちらの内容です。
http://kau.co.jp/archives/1012

ITを活用して、海上コンテナ待機問題の解決を図ろう、という発想は素晴らしかったと思うんですが、システムトラブルが起きなかったとしても、いろいろ問題は指摘されていました。

まず実はこれ、考えてみたら、もしうまくいったとしても、待機車両による「渋滞問題」の解決にはなっても、「待機問題」の解決にはなってないんですね。
単に待機する場所が道路から待機場に変わっただけです。

もちろん待機場にはトイレとかドライバーさんが休める施設も造られているようで、その意味では待機によるドライバーさんの負担を減らす効果は見込めます。

しかし一方、今まで路上に列を作っていたから可能だった、車両の入れ替えとか交代が出来なくなります。

後はですね、これはウルトラCというかなんですが・・・・。

夕方、コンテナを積んでもらう列に並ぶ受付が締め切られそう(札止めと呼んでます)なのに、どうしてもトレーラーが間に合わない場合、トレーラーの列に場所取りで乗用車で並ぶ・・・・とうのをたまーにやります。

待機場が稼働すると、これ、当然できなくなりますよね。

ということで待機場が今後いつどう稼働するのか、いろんな意味で注目しているところです。

これ以外にもいろいろ物流効率化の話はありますので、また次回以降に書かせていただくつもりです。

ちなみにゴールデンウィークを目前にした現在、東京港は混雑のピークシーズンを迎えつつあります。


さて、今日のお題のもうひとつ、新入社員についてです。

予定通り4/3(月)からピカピカの新卒新入社員が2名出社しました!男性、女性1名ずつです。

3(月)4(火)は本社で研修&東京港見学、5(水)は横浜で研修&大黒事業所・横浜港見学、6(木)7(金)は外部の研修機関にお願いして、他の会社の新入社員の皆さんと一緒の研修に参加。
そして10(月)から、本社CS部通関課、横浜支店通関・業務課に1名ずつ配属となりました。

ここ数年、新卒や第二新卒をポツンポツンと1名ずつ採用したりしてたんですが、新卒の同時2名採用は久しぶりです。
今までの方たちには申し訳ないんですが、今回は内定期間も含め、かなりいろいろとやったようです。

出社した3日以降も、一名は本社、一名は横浜支店配属予定で、一旦配属されるとなかなか配属場所以外のメンバーと交流する機会も限られるだろうということで、それぞれ有志を募ってお弁当を取っての昼食会、なんてのもやりました。

そもそも今までは、外部機関の新入社員研修に2日間だけ参加してもらって、あとはすぐに部署に配属って感じだったと思います。

それと受け入れる側についても、採用が1名だと配属されない部署はあんまり関係ないやって感じだったんですが、今回は本社・横浜支店両方1名ずつと言うことで、全社的な

「新入社員が来ても先輩として恥ずかしくない行動をとろうキャンペーン」

みたいなことをやりまして、挨拶だとか、時間厳守だとか、「新社会人の心得」の動画研修をいまさらながら全員がやらされて・・・もとい、やらせていただき、改めて社会人の基本を確認しました。

新入社員配属から2週間がたちましたが、やっぱり以前とは、朝や帰り、外出時帰社時のあいさつなんかもだいぶ違う感じです。
いままでは、あれ?あいついつの間に帰ったの?みたいなことがあったんですが、ここの所みんなちゃんと声出してますもの。

戦力としてはまだまだこれからを期待する段階の新入社員2名ですが、みんなの気持ちがなんとなく新しくなったり、すでに入社してくれた効果が発揮されてるなと感じています。

4/21の金曜日には、本社・横浜支店それぞれで歓迎会を行いました。その様子は公式フェイスブックページに上げましたので、FBのIDをお持ちの方は是非そちらもご覧くださいませ。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2017/04/24 19:11] | 共同フレイターズに関して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |