FC2ブログ
■ 物流効率化の話 その2|通関業代行・流通改善提案
「物流効率化の話 その2」

3月も残りわずかとなりました。

学校や、多くの企業様では、年度末ということでいろいろとお忙しい時期だと思います。

KAUぞうのところは6月決算ですので経理上の年度末ではないのですが、荷主様が年度内に売上を計上するため「どうしても3月中船積み!」という貨物が多くなり、まず輸出が大変忙しくなります。

また輸入でも、

4月から輸入関税の税率が変わったり、先日ニュースレターでお伝えした「特恵適用から卒業」する国や貨物があったり、数量や金額枠のある特恵では新しく枠が出来て特恵の適用が再開されたり、と、やはりいろいろバタバタと注意しなきゃなことが多い時期です。


そして3月、4月と言えば、異動や転勤、そして新入社員が入社してくる季節でもあります。

KAUぞうのところも、今年はピカピカの新卒社員が2名入社の予定です。

そのうち本欄やニュースレター、今準備中のYouTube共同フレイターズ動画チャンネルに登場してもらうかもしれません。(顔出しはNG?)

皆さま、その節はぜひぜひ可愛がっていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


・・・・本人たち、今これ読んで焦ってるかもしれません・・・。



さて、(なんと)予定通り、前回に続いて物流効率化の話 その2をお届けします。


前回、ドライバーになる方が少ない理由の一つとして拘束時間の長さを挙げました。

そしてその大きな原因として、海上コンテナの場合、東京港の混雑による待ち時間の長さ(最長5時間も!)があるってのを書きました。

実はこの3月、東京港の海上コンテナ待機問題の対策として大きな動きが二つあったんで本日はそれをご紹介します。


一つ目は「東京港ストックヤード」(TSY)の供用開始です。

KAUぞうのところでも、コンテナの納品先への到着時間について、「朝一番」というご依頼が結構多くあります。

倉庫や工場の始業時間に合わせたり、また、もっと早く、工場が稼働する前に海外から到着した貨物を降ろしたい。そういうご要望です。

また、朝や昼間にコンテナを積んでから走るんだと、引取りにかかる時間や、道路の状況によって、正確に何時に到着するかわからない、ってのがありますよね。

そこで、前日の夕方にコンテナを引き取って積んでおく「宵積み」が多く発生し、これが夕方に集中してコンテナヤードが混雑する大きな原因になっています。


・・・ここで、ちょっと説明が必要なんですが・・・・。

海上コンテナを運ぶトレーラー、通称ドレーには、コンテナを積むシャーシ部分と、それを引っ張るヘッド部分=トラックの頭だけみたいなやつ=があります。

で、このヘッドとシャーシ、簡単につなげたり外したりできるんですね。

そこで「東京港ストックヤード」(TSY)の出番です。
TSYはコンテナを積んだシャーシ”だけ”を、無料で一時的に置いておける場所なんです。

午前中とか昼間とか、早目にコンテナを引き取って、コンテナを積んだシャーシだけ切り離してここに置いておく。

その間にヘッドはほかのシャーシを引っ張って他のコンテナを運んだり引き取ったりして、夕方になったらTSYに置いてあった、コンテナ積み込み済みのシャーシを引き取って翌朝
配達する。

そうすればコンテナヤードからのコンテナの引取り時間が平準化して夕方の混雑は緩和するはず・・・という仕組みです。

今までも、各ドレー業者さんが自分で東京港の近辺にシャーシ置き場を確保して、同じような動きをしてたりもするんですが、当然場所代も掛かりますし、すべて対応できるわけではありません。

そのため、港周辺の道路にシャーシだけ切り離して置いてある、と言う景色もよく見かけました。
最近は取り締まりが厳しくなって減ったようですが、これがまた港周辺道路の渋滞の原因になったりもしていました。

それに、道路はもちろん各社が自分で確保したシャーシ置き場にしても、中身の入ったコンテナを置いておくわけですから盗難に対する警備上の対策を取るのもなかなか大変です。

東京都港湾局がその置き場を整備して無料で提供を開始したわけで、間違いなくコンテナヤードの夕方の混雑緩和に向けた大きな”試み”ではありますよね。

とは言え、ドレー会社さんが持っているシャーシだって限りがあるわけですから、何でもかんでも早目にコンテナを積んで、置いておくってわけにもいきません。

実際、TSYの供用開始によってどれくらい夕方の混雑の緩和になるのか。これからその効果のほどが検証されることになります。


東京港の海上コンテナ待機問題の対策二つ目は・・・・

おっと、そろそろお時間ですね・・・・・・。

・・・・・続きはまた次回、ということで・・・・。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。



通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2017/03/27 19:19] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |