FC2ブログ
■KAUぞうの通関業・輸出入手続きの情報|税番分類の話 その1 〇〇マ ンは人間か?
例年になく暑い日が続いた5月も終わり、じめじめとした季節がやって来ました。

新事務所に引っ越してから早くも丸1年がたち、窓から見える季節もこれでひとめぐりです。

KAUぞうのまわりでは、局地的に激しかった、夏休みをめぐる攻防がぼちぼち峠を超えてきました。

物流に関わる会社なんで、製造業さんみたいには会社全体の「夏休み期間」てのがありません。
「7月から9月までの3か月間で、業務に支障が出ないよう調整して夏休みを取ってね」という仕組みです。

調整の方法は、部門ごとに紙に打ち出したスケジュール表に〇印をつけていくアナログ式です。

海外旅行を予定している人とか、遠方の実家に帰省する人間などは早目に予定を決めるんでやっぱり優先されます。

特に大きな予定が無い人は、どこかの土日にくっつけたり、ポツンポツンと水曜日に休みを入れて週休3日にしてみたり。

なかなか予定を書きいれない人もいるんですが、6月に入ると、そろそろみんな〇印を埋めて来るんで、

「早い者勝ちはおかしいだろっ」

「だから早く書いてって言ってたでしょ!」

というような、大変微笑ましい「調整」が始まるんですね・・・。

KAUぞうですか?

今年は少し早目に、製造業に勤める友達とキャンプに行く予定を立てたんで、しっかり8月のど真ん中に、土日とくっつけて5連休を確保しました。


さて、今日は「税番分類」の話です。


以前「HS条約」に基づく「HSコード」の話をさせて頂きました。
http://kaucustoms.blog.fc2.com/blog-date-201312.html

あらゆる品物にコード番号を付けて、それが「何であるか」、が、違う国同士でも了解しあえるようにした仕組みです。

そしてそのコード番号ごとに、輸入であれば関税が決められています。

ですのでこのコード番号のことを「税番」、その品物がどのコード番号になるかを決める作業を「税番分類作業」なんて呼んでいます。

お客様からお預かりした、品物と金額が書いてある書類に、品物ごとに鉛筆で仕切り線をいれて、その横にコード番号を書き入れていく作業をするんで、「線引き」なんて言ったりもします。

これで関税が決まっちゃうわけですから、通関士にとって最大・最重要の仕事です。


これが、モノによってはすごく難しいんです。

もちろん商品知識やHSコードのついての知識が重要で、

品名を見てぱっと何かがわかる。

品物が分かってから大体どういう分類になるかぱっと見当がつく。

そのあたりで通関士の経験と能力が問われます。

ただこの辺は、いまはインターネットとかで検索もできますから、時間を掛ければある程度なんとなったりしますよね。

でも、そういうレベルとは違う「難しさ」ってのもあるんです。


KAUぞうのところでよく扱わせていただいているおもちゃなんてものなかなかの難物です。

たとえば、人形。

なんてことなさそうですが、これがそうすんなりとはいきません。


おもちゃの関税率表です。見るのがめんどくさければ、開かなくてもだいじょうぶですからね。
http://www.customs.go.jp/tariff/2015_4/data/j_95.htm

2.人形 そのものずばりあります。
でも良く見ると、その後ろにカッコ書きで「人間を模したものに限る」なんて書いてあります。

でその下を見ると

3.がん具(人間以外の生物又は動物を模したもの) ってあります。

でですね、人形は関税が3.9%かかるんですが、3.の「人間以外」だと無税になるんです。


さて、そこで問題です。

ウルトラマンは人間でしょーーーーか?

それではアンパンマンは?


答えはですね、ウルトラマンは「人間以外」

アンパンマンは「人間」

なんです。

なぜかといいますと・・・。

「目と口と手足があれば人間。シッポがあったり、ツノがあったりしたら人間以外」

基本的にそういうルールで決まるんです。


・・・ウルトラマン、あれ、ツノなんでしょうか。

だからアンパンマンは「人間」だけど、ドキンちゃんはシッポがあるから「人間以外」になり
ます。


実際にどう決めるかはなかなか難しくて、お客様があたらしいキャラクターのおもちゃを輸入される際は、必ず税関に「事前教示」といって相談に行くようにしています。

パッと考えても、例えばバットマン。

やったことないんでわからないんですが、あのトンガリ・・・・ツノ・・・ですかね?


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。



通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行
します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2015/06/08 18:01] | 法律関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |