FC2ブログ
■KAUぞうの通関業・輸出入手続きの情報|マックのポテトM・Lサイズ販売休止の裏側
クリスマスソングが街に流れ、今年もあと何日だね、なんて季節となりました。

たいへん、大変ご無沙汰をしておりましたKAUぞうです。

なにしろ前回
「皆さんゆっくり夏を楽しまれたでしょうか?」

なんて始めて、そのあと海での
日焼けネタを書いてるくらいですから、

ちょっととんでもないくらい
間が空いちゃいました。もうしわけないです。

KAUぞうも忘れていたわけではなくて、書きたい書きたいと思い続けていたんですが・・・・。
いや、ほんとです。

実はですね、非常にありがたいお話で、夏頃からものすごく大きな案件を頂いたりで、
ずーっとドタバタ忙しくしてました。


まぁそういう嬉しい話だけならいいんですが、あれやこれや、それやらなにやら

次から次へいろいろ出て来るもんで・・・・。


さて、そんな2014年ももうすぐ終わりですね。

今日は12/16の日経新聞に載ってて、へぇ、と思った記事からのお話です。


「マクドナルド M・Lポテト販売休止」

最初見出しを見て、
なんでだろう、売れ行きが悪いからかなぁ、例の鶏肉の問題以降マック人気ないからなぁ
(マクドナルド関係者の方、いらしたらごめんなさい)


なんて感じで、

国際物流とは何の関係もないと思ってたんですが、実は大ありでした。

マクドナルドさんがポテトを仕入れているのが米国の西海岸だそうです。
北米西岸て言うと、、ロサンゼルス港とかロングビーチ港なんかです。

記事によると、これらの港で
「港湾の労使交渉が長引き、荷役作業が停滞して必要な量のポテトを調達できない」

のが
M・Lサイズポテト販売休止の原因だそうなんですね。

ああ、そこまで影響出てるんだ、とちょっとびっくりしました。

実はこのあたり、夏くらいからずっと混雑が続いていて、それが段々悪化してました。
この原因の一つが、この記事にもある通り労使交渉の長期化です。

米国西岸では、港湾の労使協定が6月末で切れて、それ以来ずっと交渉が続けられていました。

最初の内は「交渉中は作業は普通にやりますよ」なんて言ってて、時間の問題で解決しそうな流れだったんですが、
秋くらいからだんだんこじれてきてまして。

使用者側は「組合側が怠業している」と非難し、
組合側は「それは世論を味方につけるための使用者側の宣伝だ」なんて返したりして、
解決の目途が立たないまま、どうも越年交渉が決定のようです。

ところが混雑の原因はそれだけじゃないって話があります。
コンテナを運ぶシャーシ(トレーラーの後ろのコンテナを乗せる部分です)
が不足しているせいだ

とか、

さらにその原因は

シャーシの管理を船会社から他に移した為に、
採算が合わない修理をしないんで故障シャーシが増えたせいだ

とか

いや、そもそもシャーシの修理をしないのも組合の戦術じゃないのか、

などなど。

とにかく混雑を解決してくれれば原因なんて何でもいいようなもんですが、これが実は重要でして、

「原因が何か」
によって船会社が海上運賃にプラスして追加料金を取るかどうかが決まるんです。

この追加料金を「 PORT CONGESTION SURCHARGE 」といいます。

そのままだと「港の混雑による割増料」みたいな意味ですが、実は適用できる条件があります。

「労使交渉の結果、ストライキもしくはそれに準ずる行為が発動された場合にのみ」

というのがそれです。

現状、とにかく北米西岸の港が、マックのポテトのサイズに影響するくらいに混雑してるのは確かなんですが、
はっきりストライキをしてるわけでもないし、混雑の原因が諸説フンプン。

そのせいで11月の中ころから、船会社から
「PORT CONGESTION SURCHARGEを導入します」というお知らせが来たり、
かと思ったらすぐに、

「適用が一旦延期されることとなりました」
なんてお知らせが来たり、
ドタバタしている状況です。

マックのポテトのサイズくらいならというか、マックのポテトのサイズにまでというか、
影響が及んできた北米西岸の混雑。
これ以上影響が広がる前に、なんとか早期の解消を期待したいところですね。

これから残る年末の数日間を乗り切ると年末年始休みです。
年が明けると正月明けのドタバタ、旧正月前のドタバタのサイクルがまた始まります。

残業代のほかに、「KAUぞうCONGESTION SURCHARGE」でも給料に上乗せしてもらえないもんですかね。

適用条件ですか?うーーん、難しいところです。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。



通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行
します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2014/12/17 14:14] | 時事ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |