FC2ブログ
■ 「アジア10か国・地域発」と「アジア18か国・地域発」のコンテナ数量統計の話
日本列島の南西の方から徐々に梅雨に入っている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

とにかく日替わり週替わりで暑かったり寒かったり、一日の内でも気温の差がものすごくあったりで、体調を崩された方も多いんじゃないでしょうか。

かく言うKAUぞうも先週末頃からちょっと風邪をひいてしまいまして、くしゃみ・鼻水・鼻づまりに苦しめられていました。

そんな体調の悪い中、先日朝の通勤電車でラッキーにも座ることが出来ました。

会社のある浜松町までの数十分、いつもなら座った途端寝に入るところですが、いかんせん鼻が詰まっていてなんとなく息苦しい。片方の鼻が完全に詰まっちゃってる感じです。

「誘拐されて口をガムテープでふさがれたとき、鼻が詰まっていたらどうしよう」

なんていう「あるある」がふと思い浮かびまして、「片方の鼻だけで息をするとどうなるか」、という高尚な実験を試みることにしました。

気を許すと口呼吸になっちゃうんで、意識を呼吸に集中し、スーッ、ハァー。
ちょっと苦しいような、いや、このまま寝ちゃうにはちょっと息苦しいけど、意外と片方の鼻だけでもいけるなぁ・・・なんてやってるうちに浜松町駅に到着。

でですね、その日一日、なんとなく普段より集中力が高まったような。

そこでふと思ったんですが、これはひょっとして、はからずも今はやりの「マインドフルネス」を朝からやったみたいなもんじゃないかと・・・違いますかね・・・・。


さて、今日は、「アジア10か国・地域発」とか「アジア18か国・地域発」とかで発表される、アジア発北米向けコンテナ数量の統計数字の話です。

はっきり言ってトリビアです。

アジア発北米向けの航路を、業界用語で「北米東航(往航)」と言います。
逆に北米からアジアへの航路を「北米西航(復航)」と言います。

この荷動きが何ヶ月連続で増加したとか、減少したとかがよく記事になり、KAUぞうのところのHPのショートニュースでもお伝えしています。

で、この貨物が増えた減ったと言う記事の中で一つにくくられている「アジア」。
良く見ると、実は「アジア10か国・地域」とされている場合と、「アジア18ヵ国・地域」とされている場合があるんですね。

統計を発表しているところによって違うようで、手元にある新聞記事を見比べてみました。

4月に発表された3月の北米東航についての記事が「米民間統計サービスのデータマイン」の統計で、ここでは「アジア10か国・地域」

5月に発表された4月の訪米東航についての記事が「日本海事センターが米国通関統計サービスJOC-PIERSのデータを基に集計した」結果で、「アジア18ヵ国・地域発」

そこで、実際それぞれどこの国・地域をさしているのかを調べてみました。

まず「10か国・地域」
1)日本 2)韓国 3)台湾 4)中国 5)香港 6)シンガポール 7)マレーシア 8)タイ 9)ベトナム 10)インド

「18ヵ国・地域」でにこれに加わるのが、
11)マカオ 12)フィリピン 13)インドネシア 14)カンボジア 15)ミャンマー 16)スリランカ17)バングラディシュ 18)パキスタン

で、さらに良く見るとこの二つの統計、数字もだいぶ違うんですよねぇ。

両方とも同じTEU=20フィートコンテナ換算でのコンテナ数量なのに、例えばシンガポール。
3月の「10か国」統計では5万6000TEUなのに、4月「18か国」の方ではなんと9000TEUになっています。

月が違うとはいえ、1ヶ月で6分の1になるほどコンテナの数に変動があるわけがありません。

実はこれ、「10か国」の方が「積地別」なのに対し、「18ヵ国」の方は「仕出し地別」だからなんです。

つまり「10か国」の方は、米国についたコンテナがその船に「どこで積まれたか」で集計してる。
一方「18か国」の方は、そのコンテナが「どこで船社に渡されたか=どこで詰められたか」で集計している。

だからアジアの各地域からコンテナが集まってきて、北米向けの本船に積み替えられるシンガポールについては、「積んだ本数」と「詰められた本数」で6倍も違っちゃうんです。

これだけなら全部合計すれば、まぁそんなに変わらないだろうと思うんですが、微妙なところでは発表される統計結果に違いが出てしまうようです。

5/17付のKAUぞうのところのショートニュース。

「アジア発北米向けコンテナ 4月 前年同月比1.3%の増加」と言うタイトルで、「中国発は0.7%減ったけど、韓国やベトナムが増えて全体では14ヶ月連続でプラスになった」という内容です。

こちらはデータマイン集計の「10か国」の数字です。

ところが5/28の日本海事新聞。

「北米東航 1.6%減 4月コンテナ 中国のマイナス響く」という記事が掲載されています。
こちらは日本海事センター・米国通関統計サービスの「18ヵ国」の数字がベースです。

ということで、パッと見同じ「アジア発米国向けコンテナ数量」の統計でも、微妙に・・・と言うか、「増加」と「減少」くらい数字に違いが出て来ちゃうんですよ、と言うお話でした。

・・・・実はこの文章を書くまで、KAUぞうもこの違いに気づいていなかったことは内緒です。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2018/05/31 11:31] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 年末年始、東京港の大混雑継続中
さすがに今更ではありますが、皆さま新年あけましておめでとうございます。

早いものでもうすぐ1月も終わり、1年の12分の1が終わりますね。


ところで先日の大雪の影響、いかがだったでしょうか?無事帰れましたか?

KAUぞうのところも、「早く帰りなさい」指示が出て、早く帰れる人から帰りました。

でも結局、「早目に帰って良かったぁ。もう少しで電車が止まるところだったよぉ」ってのは一人くらいで、あとは各社一斉の早目帰宅による混雑や電車の遅延で、ものすごく時間がかかった、苦労したって人の方が多かったようです。

逆に、開き直って8時過ぎまで仕事してた人間の方が、「電車空き空きで余裕で座って帰れました」って結果だったそうで。

こういう場合の帰宅のタイミングって難しいですよねぇ。
遅い方が簡単に帰れたってのはあくまでも結果論で、もしかしたら電車がもっと止まっちゃってたかも知れませんし。

あの雪の影響で首都高を始め高速道路がかなり閉鎖され、トラック輸送はかなりダメージを受けたという報道がありました。

幸いKAUぞうのところでは、お客様への納品等で雪による直接の影響はあまりなかったようです。

・・・が、雪の影響とかではなく、年明けから港、特に東京港の混雑で、お客様にご迷惑をおかけしている状況が続いています。

今日はその辺の状況についてのご説明といいますか言いわけと言いますか・・・です。


毎年この時期、年末年始から春節=旧正月にかけての時期は港湾や輸送が大変に混雑します。

日本は年末年始に結構まとまった休みになる会社様が多いですが、海外はそれほどでもなく、普通に船は入って来ます。

一方、中国・東南アジアは旧正月=今年は2月16日=の方が「本当の正月」で長い休みになります。

国土の広い中国では、海岸部から内陸への帰省に3日とかかかるので、工場が何週間も休みになったりします。

その為、その前後に駆け込みとスタートで毎年貨物が大量に動くんですね。


そんな中でも特に今年は世界的な好景気で貨物量自体が増えているためか、ここ数年なかったくらいのかなりひどい混雑状況になっています。

年明けの東京港ではコンテナの積み下ろし場所であるコンテナヤードがいっぱいなため、本船が入港しても接岸出来ない、接岸できてもコンテナが下せない、そんな状況も発生したとのこと。

京浜港で本船のスケジュールにまで影響を与える混雑ってのは、今までほとんど聞いたことがないです。
港に入る順番を、「横浜を先に入港することに変更」くらいはありましたが、入港後沖での滞船なんてのは少なくともここ数年は無かったんじゃないでしょうか。

一時期よりも改善されたといわれていたコンテナ搬出入も、この年明けに関しては無茶苦茶になっています。
空コンテナを下すのに4時間、やっと空を下してもらって次に実入り(中身の入った)コンテナを積みにいったら今度は5時間待ち、そんな状況も頻発しているとのこと。

コンテナ1本下して積むのに9時間、10時間・・・。

ただでさえドライバー不足、ドレー不足が問題になっている中で、これではまともに物流が回るわけがありません。

また、差し障りがあるかもしれないんであれですが、昨年末に新たにオープンした某コンテナターミナルがうまく動いていなくて、そこに関しては空コンテナ下ろすだけで7時間待ちという「新記録」が発生しているそうです。

KAUぞうのところでは、ドライバーさんに少しでも早くコンテナの積み下ろしをしてもらうため、乗用車でドレーの列に並んで下したり積んだりしてもらう順番取りをしています。そうでもしないと、全然予定通りにコンテナを運べないんです。

というか、それでも結局間に合わなくて、予定よりも納品が1日遅れたりしています。
そうすると次の日も目一杯予定が入っているんで、玉突き的に予定がずれちゃって・・・。

結局お客様の倉庫の方に無理をお願いして、本来お休みの土曜日に作業をして頂いてなんとかスケジュールを取り返して。
ところが翌週また・・・。

年明けからそんな状況がずっと継続中です。

KAUぞうのところも乗用車で並んでいる間、当然他の仕事ができません。そうすると今度はKAUぞうの会社で本来やるべき仕事の方にしわ寄せがきて、大忙し・・・・。


これはKAUぞうのところだけじゃなくて、東京港の貨物を取り扱っているすべての同業者さんも同様の状況です。

東京港のコンテナターミナルの整備計画もいろいろ立てられてはいるようですが、このままではとにかくみんな擦り減っちゃいますよね。

特にコンテナを運送されるドレー業者さん。

コンテナを下して積むのに5時間も6時間も7時間も8時間もかかってるのに、もらえる料金はそこから納品先までの運送料だけ。
こんな状況では商売としていつまでも続けられるわけがありません。

そうなるとまた業者さんが少なくなってコンテナが運べない・・・。
悪循環になりかねない本当に危機的状況だと思います。


そんな状況なので、とにかく輸送のオーダーを受けてもらうのが大苦労。
すでに予定が2月半ばまではいっぱいで、何とか「ねじ込んで」もらっている状態です。

荷主各位におかれましては、輸出入のご予定がありましたら、特に陸送について何卒少しでも早目のスケジュールの御連絡を頂けますようお願い申し上げます。


・・・今回は落ちの無い、ちょっとシリアスな話になっちゃいました。
あと数週間、なんとか乗り切らなきゃです。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2018/01/30 16:09] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 通関士、通関業と言う仕事
寒くなりましたね。
朝起きるのがつらい季節になって来ました。

昼間は暖かいと思っても、日が陰ったり風が吹いたりすると途端に寒くなりますね。

先週あたりから冬用のコートを着始めたのですが、うっかりコートを着たまま電車に乗ると、暑くてたまらなくなる時があります。

特にラッキーにも座れた時、あの電車のシートの暑さ、というか熱さ、ちょっと異常じゃないかと思うことがあるんですが皆さんどう思われますか?

気付くと汗だくで暑さに耐えていたりして、また電車を降りて外に出ると途端に北風ぴゅーぴゅー。

この季節は気を許すとすぐに風邪をひきそうです。


11月24日の金曜日、10月1日に行われた第51回通関士試験の合格発表がありました。

KAUぞうのところからも、今回は無事1名合格者が出ました!パチパチパチッ

今回の通関士試験、申込者が8,627人、実際に受験したのが6,535人。
合格者が1,392人で合格率21.3%。

この試験の合格率、50年前の最初の頃は20%とか30%とかあったんですが、徐々に難しくなって、去年が9.8%、一昨年が10.1%、その前が13.2%、11.7%と言う感じでした。

あまり合格率が低くなると、難易度を調整するのか翌年は合格率が上がって、合格率が上がりすぎると翌年はまた難しくなって、と言うサイクルを何年かおきに繰り返しています。

その意味で、今年は合格を狙うには結構「お得な」年でした。

以前通関士試験ネタで書いた気がするんですが、3科目の試験科目の内、通関業に従事して5年以上になると1科目免除、15年以上になると2科目免除、という制度もあります。

でもやっぱり5年経つ前、「3科目受験して合格」ってのが格好いいですよね。

今回のKAUぞうのところの合格者は、中途入社2年目の方なんで、堂々の3科目受験での合格
です。
目一杯誉めてあげたいと思います。

〇〇君、エライ!良くやった!!


・・・・さて。

KAUぞうのところでは、2018年3月卒業生を今も絶賛募集中で、先日、2019年卒分も含めて某求人サイトに掲載をお願いすることにしました。

その時、自社の「業種」を選ぶんですが・・・難しいです。

一応「物流、海運、陸運」というカテゴリーにしましたが、どうもちょっと違うよなぁ、と言う感覚をぬぐいきれません。

だからと言って、商社でも貿易会社でも無いですよね。

普通の「物流業」との最大の違いは何か、ちょっと書いてみます。


普通の物流であれば、貨物の詳細はあまり関係ありません。
もちろん壊れ物かどうかとか、生鮮品や冷蔵品じゃないかとか、「運ぶ」上で必要な情報はあります。

でも「通関」を含めた物流となると、もっとずっとくわしい貨物の詳細情報が必要になります。

例えば「服」であれば、梱包した箱の大きさや重さだけじゃなくて、

男性用か女性用か。
ズボンなのか、シャツなのか、セーターなのか上着なのか。
シャツであればどんな形なのか。
生地は織ったものか、ニットなのか。
材質は何か。
刺繍はあるか。
生地に使っている糸の太さは。

・・・・モノによりますが、こんな具合に、細かく細かく貨物について知らなければなりません。

また、「貿易」に関する知識も必要になります。

原産地はどこか。
インボイス建値・貨物の受け渡し条件は何で通貨は何か。
商品代以外に記載されているのは何の費用なのか。
値引きは何の値引きか。
ブランド使用の契約はどうなっているか。

・・・・等々。

それと、食品衛生法だとか、植物防疫、動物検疫、薬事法、貿易管令・・・等々で問題になる貨物ではないか、等の知識も必要になります。

「△△が横浜港に到着するんで、◇◇の倉庫まで運んでください。」
「いや、あのそれ、薬事法の許可と免許がないと輸入できないですよ」

・・・廃棄・・・・

・・・なんてこともたまにあります。


もちろん大きくは「国際物流」「海運」「陸運」の仕事で間違いではないんですが、「通関」が絡むことで、「普通の物流」の仕事とは、大きく違ってくるんですよね。

身につけるべき知識や経験がたくさんあって、それだけに奥が深いの通関の仕事です。

どうですか、これを見ている学生の皆さん。通関士・通関業ってのもなかなか面白い仕事ですよ!


・・・・・今回はこれが言いたかったのでした・・・・・


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2017/12/01 13:59] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 国際物流・貿易の世界のあれやこれや|通関業代行・流通改善提案
梅雨も明け、もうすっかり夏ですね。

KAUぞうのところは6月末が決算ということもあり、ここ数週間、怒涛のごとくいろいろな業務がなだれ落ちて来ました。

このブログの原稿を書きかけては中断、また書きかけては中断で、結局2ヶ月間が空いちゃいました。

ただでさえ1ヶ月に1度と言う、「ブログ」と名乗るにはあまりに少ない更新頻度なのに、お恥ずかしい限りです。

ちなみに一番古い書きかけの原稿の出だしはこんなんです。


「14歳の最年少棋士、藤井聡太四段。新記録の29連勝、すごいですね。」


・・・すでにかなり昔な気がします・・・。


ここのところ国際物流や貿易の世界でもいろいろなことがありました。


大きなところでは、日欧経済連携協定(EPA)の「大枠合意」ですね。

「基本合意」ではなく、「大枠合意」と言う表現なところがなんとも微妙です。

実際に成立して発効に至るまではまだまだ時間がかかりそうですが、日欧で自由貿易体制維持の方向を鮮明にしたのは大きな意味がありますよね。

マスコミで報道されているので皆さんもご存じのことと思いますが、内容で目立つところを見ると・・・・。

ワインの関税が即時撤廃!

KAUぞうのところではかなりワインを扱っていますんで、これ、かなり影響が大きいです。

関税撤廃で物量が増えるとしたら嬉しいし、関税がなくなると一時立替える税金の額が減るのもありがたい話です。

あと注目されているところでは、豚肉、パスタ、それにチーズが、段階的に関税が引き下げられたり、低関税枠が新設されたりするみたいですね。

逆に日本から輸出される自動車や、自動車部品、電子機器や日本酒なんかの関税が撤廃されるようで、貿易の活性化を期待しちゃいます。


次に大きな話が、定期コンテナ船会社の統合・再編の動きの激化です。

7/7には日本の船会社3社、日本郵船、川崎汽船、商船三井さんの定期コンテナ船部門を統合した新会社、「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」、略称「ONE」が設立されました。

またそれに続いて、中国のCOSCOシッピングが、香港のOOCLを買収。

これだけではなく、昨年韓進海運が経営破綻して以降、外国の船会社同士の合併、買収の動きが何件か続いています。

これはKAUぞうのような業種やお客様にとって、いいところ、悪いところがあるとは思うんですが・・・。

単純に考えると寡占化が進むわけで、ざっくり言うと海上運賃の交渉が厳しくなるのかなぁ、と言う気がします。


さて、そんな中で起こったのが、コンテナ船世界最大手の船会社、マースクラインへのサイバー攻撃です。

6月末にヨーロッパを中心に世界的に被害が発生したサイバー攻撃の標的にされちゃったんですね。

世界中で巨大なコンテナ船が動いていて、常時とんでもない数のコンテナが船に乗って運ばれいます。

このすべてのデーターを管理しているわけで、世界の物流を担う船会社は、実はものすごいデーター産業でもあるんです。

このサイバー攻撃の影響は結構大きくて、貨物が現地に到着しているのにデータが確認できない為に貨物を引き取れない、という事態がKAUぞうのところのお客様でも頻発しました。


さてさて、そんな中でいま最もホットな話題は、何と言っても「ヒアリ」ですね。

最初神戸で見つかった時、これは絶対東京港にもいるよな、と思ってました。

だって東京港の方が輸入・陸揚げされるコンテナの数が絶対的に多いんですから、確率から考えて、見つかるのは当然ですよね。

港だけではなくて、コンテナの納品先でもみつかった事例があったようで、これはKAUぞうのところとか、港湾業界だけの問題ではありません。

これについてはまた別に情報を整理してお知らせしようかと思っています。


・・・・今回は2ヶ月のブランクを埋めようと話題満載でお伝えしました。

いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。


と、ここでもう一つお知らせを。

現在KAUぞうのところでは、2018年3月新卒生絶賛大募集中です!!

何度かお伝えしたかもしれませんが、今年の4月は東京本社、横浜支店各1名、合計2名の新卒生を採用しました。

入社からまる3ヶ月、二人とも着実に成長し、活躍してくれています。

二人に入社してもらったおかげで、ギリ「20代社員0名」の事態を回避することが出来ましたし、社内も活性化してるなと思います。

来年も2名程度ですが採用予定です。

まだ就活が終わらない学生の皆さん。
会社説明会など随時行っていますので、弊社HPなぞご覧の上、是非会社見学にお出で下さいませ。


引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。




通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2017/07/21 23:30] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 物流効率化の話 その2|通関業代行・流通改善提案
「物流効率化の話 その2」

3月も残りわずかとなりました。

学校や、多くの企業様では、年度末ということでいろいろとお忙しい時期だと思います。

KAUぞうのところは6月決算ですので経理上の年度末ではないのですが、荷主様が年度内に売上を計上するため「どうしても3月中船積み!」という貨物が多くなり、まず輸出が大変忙しくなります。

また輸入でも、

4月から輸入関税の税率が変わったり、先日ニュースレターでお伝えした「特恵適用から卒業」する国や貨物があったり、数量や金額枠のある特恵では新しく枠が出来て特恵の適用が再開されたり、と、やはりいろいろバタバタと注意しなきゃなことが多い時期です。


そして3月、4月と言えば、異動や転勤、そして新入社員が入社してくる季節でもあります。

KAUぞうのところも、今年はピカピカの新卒社員が2名入社の予定です。

そのうち本欄やニュースレター、今準備中のYouTube共同フレイターズ動画チャンネルに登場してもらうかもしれません。(顔出しはNG?)

皆さま、その節はぜひぜひ可愛がっていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


・・・・本人たち、今これ読んで焦ってるかもしれません・・・。



さて、(なんと)予定通り、前回に続いて物流効率化の話 その2をお届けします。


前回、ドライバーになる方が少ない理由の一つとして拘束時間の長さを挙げました。

そしてその大きな原因として、海上コンテナの場合、東京港の混雑による待ち時間の長さ(最長5時間も!)があるってのを書きました。

実はこの3月、東京港の海上コンテナ待機問題の対策として大きな動きが二つあったんで本日はそれをご紹介します。


一つ目は「東京港ストックヤード」(TSY)の供用開始です。

KAUぞうのところでも、コンテナの納品先への到着時間について、「朝一番」というご依頼が結構多くあります。

倉庫や工場の始業時間に合わせたり、また、もっと早く、工場が稼働する前に海外から到着した貨物を降ろしたい。そういうご要望です。

また、朝や昼間にコンテナを積んでから走るんだと、引取りにかかる時間や、道路の状況によって、正確に何時に到着するかわからない、ってのがありますよね。

そこで、前日の夕方にコンテナを引き取って積んでおく「宵積み」が多く発生し、これが夕方に集中してコンテナヤードが混雑する大きな原因になっています。


・・・ここで、ちょっと説明が必要なんですが・・・・。

海上コンテナを運ぶトレーラー、通称ドレーには、コンテナを積むシャーシ部分と、それを引っ張るヘッド部分=トラックの頭だけみたいなやつ=があります。

で、このヘッドとシャーシ、簡単につなげたり外したりできるんですね。

そこで「東京港ストックヤード」(TSY)の出番です。
TSYはコンテナを積んだシャーシ”だけ”を、無料で一時的に置いておける場所なんです。

午前中とか昼間とか、早目にコンテナを引き取って、コンテナを積んだシャーシだけ切り離してここに置いておく。

その間にヘッドはほかのシャーシを引っ張って他のコンテナを運んだり引き取ったりして、夕方になったらTSYに置いてあった、コンテナ積み込み済みのシャーシを引き取って翌朝
配達する。

そうすればコンテナヤードからのコンテナの引取り時間が平準化して夕方の混雑は緩和するはず・・・という仕組みです。

今までも、各ドレー業者さんが自分で東京港の近辺にシャーシ置き場を確保して、同じような動きをしてたりもするんですが、当然場所代も掛かりますし、すべて対応できるわけではありません。

そのため、港周辺の道路にシャーシだけ切り離して置いてある、と言う景色もよく見かけました。
最近は取り締まりが厳しくなって減ったようですが、これがまた港周辺道路の渋滞の原因になったりもしていました。

それに、道路はもちろん各社が自分で確保したシャーシ置き場にしても、中身の入ったコンテナを置いておくわけですから盗難に対する警備上の対策を取るのもなかなか大変です。

東京都港湾局がその置き場を整備して無料で提供を開始したわけで、間違いなくコンテナヤードの夕方の混雑緩和に向けた大きな”試み”ではありますよね。

とは言え、ドレー会社さんが持っているシャーシだって限りがあるわけですから、何でもかんでも早目にコンテナを積んで、置いておくってわけにもいきません。

実際、TSYの供用開始によってどれくらい夕方の混雑の緩和になるのか。これからその効果のほどが検証されることになります。


東京港の海上コンテナ待機問題の対策二つ目は・・・・

おっと、そろそろお時間ですね・・・・・・。

・・・・・続きはまた次回、ということで・・・・。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。



通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2017/03/27 19:19] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>