FC2ブログ
■ 行く人来る人
2月も終わりとなり、日差しも伸びて少し春めいてきたでしょうか。

季節の変わり目、これからの時期、雨や風や、さらには花粉など、
それなりに落ち着いていた冬に比べて、毎日天候が気になるようになりますね。

3月に入ると卒業式のシーズンです。
そして4月には新入学、新入社のシーズンを迎えます。

今回は業界ネタから離れて、ちょっとそんなことについての話を書きます。


何度かこのブログでも「新入社員まだ募集中です!」とか書きましたが、
お陰様で1月に3人目の内定者が決まり、2018年4月は予定通りの採用をすることが出来ました。

昨年2名、今年5名と、この2年で合計5名のフレッシュな新人を採用できたんですが、一方で去っていく方もいました。

昨年11月には、当社の前身である富士浅野海運時代に大学新卒で入社された大先輩が、定年退職を迎えました。

また、こちらがメインの話になるのですが、昨年9月、現役の取締役会長である小池憲二会長が急逝されました。

ちょうど70歳。

高卒で富士浅野海運に入社され、35年前に共同フレイターズがそこから分社した際に当社に移られ、そこから叩き上げで社長、そして会長までなられた方です。

18歳から70歳まで。実に52年間、当社に、そしてこの業界一筋ににいらしたことになります。

ホームページと公式FBページでも告知させて頂いたのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、先週金曜日2月23日にその「小池憲二を偲ぶ会」を横浜中華街にあるローズホテル横浜にて開催させていただきました。


こういう会についてどういう表現をすればよいのかよくわかりませんが、大変「盛会」で、たくさんの方にお出でいただき、大変立派なお別れの会を行うことが出来ました。

現社長の挨拶に始まり、30数年来公私ともにお付き合いのあったお客様や業界で50年来の付き合いがあり、一時期当社の取締役も務めて頂いたOBの方など、計5名の方から追悼のお言葉を頂きました。

みなさん大変感動的で、会長のお人柄が偲ばれるエピソードやお話を頂いたのですが、KAUぞうが中でも一番うるっと来そうになったのが、始めの方で紹介した、昨年11月に定年退職された先輩のお話でした。

いくつかされた思い出話の中で、特に記憶に残ったのがこんなエピソードです。


もう30年以上も前、先輩が横浜支店で輸入通関を担当されていたころ、小池会長が直属の課長だったそうです。

ある時輸入申告で大失敗をしてしまい、本来より100万円も多く税金を納めてしまった。
これはもう責任を取って会社を辞めるしかない、そこまで思い詰めていたところ、当時課長だった小池会長から、

「明日一緒に税関に話に行ってやる。そのかわり朝7時に会社に来い」

と言われたとのこと。

言われた通り翌日朝7時に出社すると、小池会長は一人で机に向かって仕事をしていて、特に声をかけてくるわけでもない。

税関が開くのは8時半ですから、それまでどうするのだろうとは思っていたのですが、小池会長は黙々と仕事をしているだけ。

仕方がなく、自分の机で、どうなるのかという不安を感じながら、じっと座って待っていたそうです。

8時半前になると、小池会長は「それじゃあ行くか」と声をかけてきて、一緒に税関に向かいました。

税関に話をしたところ、幸い寛大な処置を頂き、加納税分については他の申告の税金に充当することを認めてもらうことができ、会社に損害を与えずに済むことが出来ました。

帰り道、ようやくほっとした先輩に小池会長は声をかけ、

「お前は7時に来いと言ったらきちんと時間通りに来てくれた。
俺が黙って仕事をしている間も自分の席に座って、不安な思いと向き合いながらじっと待機していた。
そういうお前の気持ちが税関に伝わったんだぞ。」

と言ってくれたとのこと。


・・・・なんでしょう、今の時代の、効率性とか、すぐに再発防止策がどうとか、もちろんそういうことも大事ですが、それと違った時代の、違った世界の、仕事との向き合い方、「上司」と言う存在のあり方がしみじみ伝わってくるエピソードで、不思議な感動を覚えました。

KAUぞうも、昨年や今年の新入社員に、ウン十年後にこんな素敵なエピソードを語ってもらえるような立派な上司になりたいなと思います。

・・・・逆にすぐ上司になられちゃったりして・・・・・。



いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。



通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2018/02/28 11:03] | 共同フレイターズに関して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 2017年を振り返っての雑感
いよいよ2017年もあとわずかとなりました。

毎年1年がどんどん短くなっている気がします。

でも振返ってみると、あれも今年か、これも今年か、と、思ったよりもいろいろと「今年」起きたことだったりしますね。

KAUぞうのところもほんとにいろいろあった年だったんですが、ここらでこの1年を少し振返ってみようかと思います。

決してネタに困って適当なこと書いてお茶を濁そうとしているわけではありません・・・。


2017年、貿易や国際物流に関連して・・・って、それだけじゃないですが、やはり一番大きな事件は米国トランプ大統領の誕生ですね。

トランプ大統領の登場と離脱表明によって、さんざん苦労の末にようやくもうちょっとのところまでこぎつけたTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が吹き飛んじゃいました。

日本でも賛成派と反対派の議論がありましたし、「結局米国による経済侵略だ」的な意見も耳に入って、そうかなぁ、なんて思ったりもしてたんですが・・・・トランプさんの「米国第一」には反したようです。


また、国際物流貨物の増加率が世界の経済成長率を下回る=つまり経済成長しても貿易量や貨物量が増えない=という「スロートレード」なんていう現象が取りざたされました。

それに、中国の経済が失速するんじゃないか、なんて話もありましたね。

つまりは、KAUぞうのところがその末席に連なる、国際物流業界はどうなっちゃうんだろう、と心配になる2017年のスタートだったんです。


ところがこうして12月になってみると、結果は・・・。

ホームページのショートニュースにも載せてますが、

生産が一時止まったことと国際的な貨物量の増加でコンテナが不足。

アジアから北米向けのコンテナ貨物量は過去最多の8ヶ月連続の対前年増加。

11月の日本からアジアへの輸出額は過去最高で対アジアで6ヵ月連続の貿易黒字。

KAUぞうのところの実感としても、今年の年末はドレー(コンテナを運ぶトレーラー)の不足がすごくて、11月末の時点で「12月はもう一杯」なんていう外注業者さんがいる状況でした。


とにかく米国経済が順調で、世界経済も好調、国際物流貨物も順調に伸びて、予想に反してと言いますか、経済的には結構いいことづくめの2017年でしたね。

一方地政学的・・・っていうんでしょうか、政治や軍事の世界では、北朝鮮のミサイル発射が繰り返し行われたり、世界中のあちらこちらでテロが起きたり、

いや、これ、どれくらい気にすればいいの?
てゆーか、気にしたとしててどうすればいいの?

的な事もたくさん起きましたね。


日本は徐々に2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて盛り上がってきた感があります。

オリンピックに向けて東京港のアクセスも絡み、果たして間に合うのか気になる、KAUぞうのところからよく見える築地市場も、ようやく移転の日程が決まりました。


さて、今年もあとわずか。

来年2018年はどういう1年になりますか。
皆さんにとってすばらしい年になることをお祈ります。

良いお年をお過ごしください!


・・・・ふぅ、なんとかいろいろ書けたな・・・・


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2017/12/22 17:52] | 共同フレイターズに関して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 物流効率化の話その2.5 と、新入社員の話|通関業代行・流通改善提案
「物流効率化の話その2.5 と、新入社員の話」

早いものでもうすぐゴールデンウィークですね。
ついこの間までコートを着ていたのに、暑くて上着を脱ぐ日も出てきました。

KAUぞうのところでは5月からクールビズを始めます。

1年のうち半分がクールビズってのも、考えてみると不思議な感じです。
やはり日本の亜熱帯化が進んでるんでしょうか。


さて前回、「おっと、そろそろお時間ですね・・・・・・。」なんて書いて終わっててちょっと気持ちが悪いんで、「物流効率化の話」の続きをちょこっとだけ書きます。

書きかけていた「東京港の海上コンテナ待機問題の対策二つ目は・・」についてです。


実はこの対策、残念ながらうまくいきませんでした。

ショートニュースでお伝えしていた、こちらの内容です。
http://kau.co.jp/archives/1012

ITを活用して、海上コンテナ待機問題の解決を図ろう、という発想は素晴らしかったと思うんですが、システムトラブルが起きなかったとしても、いろいろ問題は指摘されていました。

まず実はこれ、考えてみたら、もしうまくいったとしても、待機車両による「渋滞問題」の解決にはなっても、「待機問題」の解決にはなってないんですね。
単に待機する場所が道路から待機場に変わっただけです。

もちろん待機場にはトイレとかドライバーさんが休める施設も造られているようで、その意味では待機によるドライバーさんの負担を減らす効果は見込めます。

しかし一方、今まで路上に列を作っていたから可能だった、車両の入れ替えとか交代が出来なくなります。

後はですね、これはウルトラCというかなんですが・・・・。

夕方、コンテナを積んでもらう列に並ぶ受付が締め切られそう(札止めと呼んでます)なのに、どうしてもトレーラーが間に合わない場合、トレーラーの列に場所取りで乗用車で並ぶ・・・・とうのをたまーにやります。

待機場が稼働すると、これ、当然できなくなりますよね。

ということで待機場が今後いつどう稼働するのか、いろんな意味で注目しているところです。

これ以外にもいろいろ物流効率化の話はありますので、また次回以降に書かせていただくつもりです。

ちなみにゴールデンウィークを目前にした現在、東京港は混雑のピークシーズンを迎えつつあります。


さて、今日のお題のもうひとつ、新入社員についてです。

予定通り4/3(月)からピカピカの新卒新入社員が2名出社しました!男性、女性1名ずつです。

3(月)4(火)は本社で研修&東京港見学、5(水)は横浜で研修&大黒事業所・横浜港見学、6(木)7(金)は外部の研修機関にお願いして、他の会社の新入社員の皆さんと一緒の研修に参加。
そして10(月)から、本社CS部通関課、横浜支店通関・業務課に1名ずつ配属となりました。

ここ数年、新卒や第二新卒をポツンポツンと1名ずつ採用したりしてたんですが、新卒の同時2名採用は久しぶりです。
今までの方たちには申し訳ないんですが、今回は内定期間も含め、かなりいろいろとやったようです。

出社した3日以降も、一名は本社、一名は横浜支店配属予定で、一旦配属されるとなかなか配属場所以外のメンバーと交流する機会も限られるだろうということで、それぞれ有志を募ってお弁当を取っての昼食会、なんてのもやりました。

そもそも今までは、外部機関の新入社員研修に2日間だけ参加してもらって、あとはすぐに部署に配属って感じだったと思います。

それと受け入れる側についても、採用が1名だと配属されない部署はあんまり関係ないやって感じだったんですが、今回は本社・横浜支店両方1名ずつと言うことで、全社的な

「新入社員が来ても先輩として恥ずかしくない行動をとろうキャンペーン」

みたいなことをやりまして、挨拶だとか、時間厳守だとか、「新社会人の心得」の動画研修をいまさらながら全員がやらされて・・・もとい、やらせていただき、改めて社会人の基本を確認しました。

新入社員配属から2週間がたちましたが、やっぱり以前とは、朝や帰り、外出時帰社時のあいさつなんかもだいぶ違う感じです。
いままでは、あれ?あいついつの間に帰ったの?みたいなことがあったんですが、ここの所みんなちゃんと声出してますもの。

戦力としてはまだまだこれからを期待する段階の新入社員2名ですが、みんなの気持ちがなんとなく新しくなったり、すでに入社してくれた効果が発揮されてるなと感じています。

4/21の金曜日には、本社・横浜支店それぞれで歓迎会を行いました。その様子は公式フェイスブックページに上げましたので、FBのIDをお持ちの方は是非そちらもご覧くださいませ。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2017/04/24 19:11] | 共同フレイターズに関して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ スロー・トレードと、世界の中心で自由貿易を叫んだけもの
「スロー・トレードと、世界の中心で自由貿易を叫んだけもの」


いよいよ年末、そしてお正月です。

ほんとに実感として、しみじみ1年がたつのが早くなりました。
いったいこの1年間、なにをばたばたやっていたのやら・・・。

今回は年末にふさわしく、まずはこの1年を振り返ってみようかと思います。


2016年01月11日  輸出 引き続きマイナス|15年11月 貿易額

2016年01月20日  15年コンテナ、アジア発米国向けは過去最高|日本積みは10%減

2016年02月5日   15年12月輸出額8%減|3ヶ月連続マイナス

2016年03月18日  横浜港 輸出入とも前年割れ

2016年03月31日  15年外貿 5%減 415万TEU

2016年04月26日  財務省3月集計 輸出入とも減/2ヶ月連続の 貿易黒字

2016年05月26日  日本発アジア域内 貨物量 4月大幅減 向け地シフトの動きも

2016年07月20日  2015年国内港湾コンテナ取扱量前年比3%減

2016年08月20日  7月の輸出額 6年9か月ぶりの大幅減少

2016年08月29日  2015年の 世界貿易額 6年ぶりマイナスの12.7%の減

2016年09月1日   韓進海運 が経営破綻・混乱拡大の恐れ

2016年09月21日 8月アジア発米国向け コンテナ 荷動き活発化

2016年09月27日 数量はプラスも輸出入額は減少続く 8月 貿易統計

2016年10月4日 東京港 外貿コンテナ個数 上半期2%増加

2016年10月25日  横浜港6・7月連続でコンテナ取扱量が15ヶ月ぶりに増加

2016年10月31日  邦船3社が定期コンテナ船事業統合で合意

2016年11月14日  円高影響 輸出入共マイナス 9月貿易統計

2016年11月30日  財務省貿易統計 10月も輸出入、金額・数量ともにマイナス

2016年12月19日  アジア発北米向け 3年連続コンテナ荷動き記録更新

2016年12月26日  11月貿易統計/輸出額回復傾向                  


・・・・いきなり禁断のコピペ技です。

といってもよそからではなくて、KAUぞうのところの公式ホームページの「KAUショー
トニュース」から、貿易・物流統計関係の記事のタイトルを抜粋してみました。


ざっと見て頂いて感じると思いますが、この1年は国際物流にとって大変厳しい1年でした。

ちなみに仲間はずれが二つありますがどれでしょう・・・・って、赤で書いちゃってますが・・・。

この二つについては、一般紙でもいろいろ報道や解説がされたんでご存知の方も多いと思
います。

両方ともこういう厳しい状況下で起こったことですが、海上物流の中でも、特に定期コンテナ
船は非常に厳しく、各船社とも赤字が続いているようです。

何年か前に大型船を注文して、それが相次いで完成しちゃった。ところが世界的に国際物
流が伸び悩んでいて、輸送力が余り気味。その為運賃が低迷・・・ってのが原因みたいです。


それじゃあなんで国際物流が伸び悩んでいるのかって話ですが・・・・。


皆さん、「スロー・トレード」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

「世界の貿易量の伸び率が世界の実質GDP成長率を下回る状況」を指すそうで、2008年
の金融危機後、特に新興国で目立っている現象だそうです。

161226.png

上図を含め、以下出典はこちら 
2016年10月20日 日本銀行国際局 「スロー・トレード:世界貿易量の伸び率鈍化」
https://www.boj.or.jp/research/brp/ron_2016/ron161020a.htm/

原因としては、1)世界の実質GDPの低下 2)世界の需要構造の変化など構造的要因
3)短期的な負のショックなどの循環要因 の三つに分かれるそうで。

1)と2)は世界的に景気が良くなれば改善するはずなんでいいとして、そもそも問題は
「貿易量の伸び率がGDPの伸び率より低い」ことです。

だから問題は2)の構造的要因ってやつですよね。

いろんなことが指摘されていますが、中でも一番大きいのが、中国をはじめとした新興国
での資本財=つまり製造機械とか、物を作るための設備の輸入が減っていること。

これは、製品の輸出が不調だから・・・というよりも、そもそもいままで日本とか先進国
から輸入していた製造用の機械設備を自国で作れるようになった=内製化の進展が
理由だそうです。

いままでは輸出製品を作るためには製造用機械の輸入が必要、ということで、輸出の
増加と輸入の増加がリンクしていたんですが、それが切れちゃったってことですね。


もうひとつ大きな「構造要因」として言われているがグローバル・バリュー・チェインの
「拡大一服」。

部品を海外で安く作って輸入して、日本で作ったコア部品と一緒に最終製品を組み立てる。
(もともと国内で調達していた部品を、新興国からの安い輸入品に代替する)

とか、

日本からコア部品を輸出して組み立てだけ海外でやる。

とか、

一時期すごく増えた、いわゆる「中間財」を国境を越えてやり取りして最終製品を作るという
方式が一段落しちゃった。

いまは、部品製造から最終製品の組み立てまで、一貫して消費国や消費国に近いところで
行う、「地産地消」的なモデルの方が増えてるんですね。

ここでも新興国における輸出の増加と輸入の増加のリンクが外れちゃったわけです。


日銀のレポートでは結論として、世界経済が回復がすれば新興国の過剰設備の調整も進むから

「世界貿易量の伸び率が世界経済の実質 GDP 成長率並みに回復すると見込まれる。」

つまりスロー・トレードも終わる、と言っています。

まだまだ日本でしか作れない高度な製造機械や建設機械、輸送機器や最新式の製造ロボット・・・
なんて話を聞くんで、ざっくり言って世界的に景気が良くなれば日本からの輸出も回復するだろうと
は思います。

ただ構造的には既に大きな変化が起きちゃったんじゃないかという気がします。

日銀レポートでも、最後にBREXIT後の英国とEUの関係に触れ、

「世界の貿易量を巡る不確実性は引き続き大きい。今後とも世界の貿易量の推移を注視していく
必要がある。」

と締めくくっています。

このレポートが出されたのが10月。その後、前回この欄で書いたトランプ次期大統領の登場という
さらなる「不確実性」が増えました。


日本は貿易収入より知財収入の方が多い、「成熟した債権国家」化している、なんて話もありますが、
やはりモノづくりと貿易は日本の基盤です。魂です!

「クールジャパン」なんてのもありますが、製造財だけでなく、消費財、農産物なんかも、もっとどん
どんMade in Japanが世界に出ていくといいですね。


・・・最後に、実は最近、いまさらながら「下町ロケット」を見て感動したばかりなことを告白しておきます。

また、タイトルはなんとなくカッコよさげでつけただけで、実は深い意味がないことをお詫び申し上げ
ます・・・・。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。



通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。

[2016/12/26 17:31] | 共同フレイターズに関して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■KAUぞうの通関業・輸出入手続きの情報(弊社近況)|横浜支店引っ越しました
関東地方は暑い日が続いています。
南や西の方では、豪雨で大変なようですね。

今年の台風はなんだかいつもの年と比べて動きがおかしい気がしますよね。
やはり温暖化のせいなんでしょうか。

天気図を見ると、梅雨前線が北海道まで北上しちゃってて、なんとも見慣れないというか不思議な感じです。


そんな中、7/18(土)19(日)20(月・海の記念日)の3連休に、横浜支店の引っ越しを行いました。
昨年5月、ゴールデンウィークに本社事務所の移転をしたのに続く事務所の引っ越しです。

KAUぞうのところでは、横浜港と東京港で通関業務をやらせていただいてるんですが、実は横浜の方が歴史があります。

もともとは東京本社は営業部門だけで、通関は全て横浜だったんです。
首都圏の貿易港と言えば横浜、やはり「みなとヨコハマ」でしたから。

それが次第に東京港の方が取扱貨物が多くなり、逆に横浜の方は徐々に減って、20人以上いた横浜支店の人数も、一時期は5,6人くらいに。

支店の事務所も、それまでいたビルが取り壊しで立ち退くことになって、同業の誠貿易運輸(株)様の本社ビルの一角をお借りしての営業となりました。

その後横浜港は、輸入が多い東京港に対して輸出が多い港として貨物も回復しまして、KAUぞうのところの横浜支店も段々にまた人数が増えてきました。
そして今回、晴れて新事務所への引っ越しとなったわけです。

誠貿易運輸様にはいろいろと親切にしていただいていたんですが、やはり間借りということでお互いに気を遣ったり、肩身の狭いところもありましたんで、特に横浜支店のメンバーにとっては大変うれしい引っ越しです。

場所は、今までの石川町からは二駅東京よりの桜木町です。

共同フレイターズ 横浜支社MAP


JR桜木町駅から6分くらい。馬車道までもすぐで、関内駅からも歩けます。

そしてなんと、「デザイナーズオフィス」のハシクレとして、とっても素敵なオフィスに仕上がりました!

共同フレイターズ 横浜支社 社内風景01

会社ロゴに使用している紺と赤のイメージカラーを取り入れた、ちょっと通関業なんていう地味な業種と思えないような素敵な入口です(自画自賛)!

そして中はこんな感じ。

共同フレイターズ 横浜支社 社内風景02

共同フレイターズ 横浜支社 社内風景03

最初思ってたよりも広々と通路が取れて、椅子も島ごとに緑とオレンジという、ちょっと華やかな感じにしました。
オレンジの椅子の島の右側が全部窓なんで、大変明るいオフィスです。


今回デザインから施工、引っ越しまでやって頂いたのは株式会社ヴィスさんというところ。


何社かに見積を頂いてその中から決めたんですが、HPを見て頂いても分かる通り、会社案内をみせてもらった時はあまりにカッコいい施工例ばかりだったんでこれはお高いだろうなと思ってました。

ところが大変リーズナブルで、KAUぞうの側も女性社員にプロジェクトの中心になってもらってお任せしたところ、こういう素敵なオフィスが出来上がりました。

ちょっとおしゃれな打合せコーナー、窓のたっぷり取れた会議室もできました。

JRの桜木町駅、関内駅、みなとみらい線の馬車道駅、市営地下鉄の関内駅と4駅使えて交通も便利なところですので、お近くにお寄りの際は是非是非のぞきに来てくださいませ。


ということで、今回は横浜支店新事務所のご紹介&自慢でした。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。



通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行
します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。
[2015/07/23 15:27] | 共同フレイターズに関して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>