FC2ブログ
■ 東京ベイエリアの憂鬱の話|通関業代行・流通改善提案
ここのところさわやかな天気が続いていますが、もう少しすると梅雨に突入ですね。

今日はちょっと趣向を変えて、浜松町周辺の再開発計画の話を書きます。

というのも、KAUぞうのところの本社がある浜松町から竹芝周辺、いよいよいろいろと工事が始まってきて、駅からの道路が通りにくかったりと影響が出て来てるからなんです。


まず浜松町駅がこんなになります。(以下リンクはすべて日経アーキテクチュア記事)
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/knpnews/14/660651/00032/?SS=imgview&FD=1422774646

羽田行きのモノレールへの乗り換え口がある改札の反対、新橋寄り北口改札側の様子です。

いまモノレールのホームや駅ビルとくっついている、世界貿易センタービルが建て直される予定で、すでに隣接する、線路と反対側の土地では工事が始まっています。

で、この絵にある歩行者デッキが首都高速をまたいで竹芝ふ頭まで繋がります。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/knpnews/14/660651/00032/?SS=imgview&FD=1427392251

この地図の右下の方、「ゆりかもめ」の「め」がかかっているのがKAUぞうの本社が入っているビルです。

そして首都高と竹芝ふ頭の間」にこんなビルができます。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/knpnews/14/660651/00032/?SS=imgview&FD=1428315772

KAUぞうの本社が入っているビルの、となりのとなりのとなりぐらいのところです。

さらに元東芝本社ビル、現「芝浦ビル」も建て直してツインタワーが出来るそうです。
http://toyokeizai.net/articles/-/132024 (こちらは東洋経済ONLINE)


・・・いろいろと賑やかになるし、素敵なスポットがたくさんできていいでしょう・・・・・という話をしたいわけじゃありません(少しはあるけど)。

これ、みんな工事はじまっちゃったらどうなるの?!って話です。

すでに歩行者デッキの工事が始まっていて、駅からの歩道が半分と車道が1車線潰されています。

首都高の隣のビル2棟も工事が始まっていて、いま穴掘ってます。

世界貿易センタービルの建て替えは2019年着工で2024年竣工。

元東芝本社のあった芝浦ビルの建て直しは2020年頃着工して2030年頃の完工。

・・・つまりこれから10年以上、浜松町駅周辺は建設工事だらけです。


さらにこちらの写真。
東京ベイエリア・浜松町

本社会議室の窓から写した景色です。

手前のクレーンが並ぶ工事現場がオリンピックのおそらく選手村、その奥にあるのが「例の」豊洲新市場。

ここは海をはさんだ対岸の埋立地なんで直接影響はないんですが、問題は築地市場移転問題がこじれたことによる環状2号線の工事の遅れです。

オリンピック会場の配置ですが、公式ページに分かりやすい地図がありました。
https://tokyo2020.jp/jp/games/venue/olympic/

真ん中辺にカーソルを合わせると四角い枠が出るんでクリックすると、拡大図が出てきます。

「東京ベイゾーン会場」の配置を見て、何か気づきませんか?

そうです、ほとんどが埋立地で島になってるんです。つまり橋かトンネルでしかつながっていません。


東京ベイエリア全体でこれだけいろいろ工事を行い、オリンピックを開催し、さらに工事が続く・・・。

オリンピック中、公共交通機関の混雑緩和のために時差出勤を働きかける、なんて話もちらちら聞こえています。

ここ数回「物流効率化の話」を書いてきましたが、これ、本当にどうなっちゃうんでしょうね。

オフィスへの通勤や環境、物流という仕事上の東京港周辺道路の混雑状況、両方でなんとも心配な状況です。

とんでもないことにならなきゃいいんですけどねぇ。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2017/05/30 16:53] | よもやな話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■KAUぞうの通関業・輸出入手続きの情報|いよいよ年の暮れが近づいて・・・(その2)
年末の忙しい時期の、うれしいような、ちょっと迷惑なような連休も終わり、
今年もとうとう残り8日間。


「今日を含めてあと4日で仕事も終わりだ♪」


という方も多くいらっしゃるでしょうか。


仕事の追い込みはもちろん、クリスマスパーティだとか忘年会の連続で
ちょっとヘロヘロ気味の方もいるかも知れませんね。

ちなみに飲む前のウコンはやはり効くような気がしますが、過信は禁物です。
調子に乗ってのチャンポンは、絶対避けた方がいいと力説しちゃいます。



えー・・・さて、前回お約束した通り、関税のお話をさせて頂きます。



TPP交渉で農産物が問題になっています。


でもいろいろな国と関税の話をするには、まず「何の」関税について話してい
るのか、お互いにわからないと始まりませんよね。

たとえば、ざっくりと

「果物の関税について話をしよう」

とか言って話し合って、決まった後で、

「えっ?、トマトは野菜だろ!?」

「何を言うか!わが国では果物だっ!!」

とかなっちゃったら困りますよね。


そこで、あらゆる品物にコード番号を付けて、それが「何であるか」、が、
違う国同士でも了解しあえるような仕組みが作られています。


それが国際条約である「HS条約」に基づく「HSコード」です。

正式名称は"Harmonized Commodity Description and Coding System"
(商品の名称および分類についての統一システム)

だそうです。


私たちが社内で会話するときや、お客様に話をする時には、通常

「税番(ぜいばん)」とか、

ちょっと改まって言う時は

「統計品目番号」

なんて呼んでいます。



このコード、数字からなってまして、国際条約で決められているのが6ケタ。

その下のケタは各国が自分の国の法律で細かく分けていいことになっていて、
日本では6ケタ + 4ケタ の10ケタに分けています。

「今の提案では関税の自由化率が90%だけれど、95%まで譲歩する」

「コメや砂糖など重要586品目」

など言う場合の品目数は、この6ケタコードで分類した時の品目数を言っていることになります。


HSコードについてお話しすることはまだまだたくさんあります・・・・

が、関税のお話をする前提として


「何の関税か」の「何の」

は、こうやって国際的に決まってるんです、というところのご説明にとりあえずとどめさせ
て頂きます。


HSコードについて詳しいことをお知りになりたい方は、ネタバレになりますがこちらをご参照ください。




JETORO(日本貿易振興機構)さんWEBページ






次回はもうちょっと本題に入って、「関税」そのもののお話をさせていただく予定です。




通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行
します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。
[2013/12/25 13:40] | よもやな話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■KAUぞうの通関業・輸出入手続きの情報|いよいよ年の暮れが近づいて・・・
いよいよ年の暮れが近づいて来ました。



1月に「今年はこれをやるぞ!」なんて掲げた今年の目標、みなさん達成具
合はいかがですか?


すべてやりとげた方、もうあと少しと、いままさにラストスパートをかけている方、
こりゃもう無理だなとあきらめモードの方・・・いろいろいらっしゃるんじゃないで
しょうか。

KAUぞうは・・・・


残る日数、目標達成に向けて全力で頑張りますっ!


・・・えー・・・。


「今年の目標」も大きな話になりますと、オバマ米大統領が年内の妥結を目指
していたTPP交渉。

どうにも間に合わず年を越す見込みだとニュースなんかで報道されていますね。


皆さんもご存知かと思いますが、このTPP交渉で、知的財産権などと並んで
主要な議題となっているのが「関税」についてです。


TPP協定を結んだ国の間では、「関税は全部無しにしろ!」というのが米国など
の要求。

それに対して日本は、コメや農産物の「主要5分野」について、


「どうしても関税を残させてくれ。ここだけは絶対に譲れない!」


というところで大きく揉めているようです。


さてこの「関税」。


私たち通関業者や特に通関士にとっては、大変なじみ深いものです。

というよりも、これがいくらになるのか考えて、税関に申告するのが一番の仕事
だと言ってもいいくらいです。


みなさんは「関税」についてどれくらいご存知でしょうか。


以下何回か、いま注目の(?)この「関税」についてお話してみたいと思います。



通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行
します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。
[2013/12/16 20:53] | よもやな話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |