■ AIロボット船は電気クジラの夢を見るか
2週続いて週末に台風が来たり、そうかと思ったら急に寒くなって木枯らし1号が吹いたりと変化の激しい天気が続いています。

皆様お風邪などひかれていないでしょうか。

総選挙でも、風が吹いたり止まったり、逆風になったり、目まぐるしい変化がありましたね。

KAUぞうの業界的には、以前ここでもお伝えした通り、10月8日から第6次NACCS(輸出入・港湾関連情報処理システム)のスタートと、それに合わせた法改正がありました。

この新NACCS、実稼働初日の10日になっていろいろ不具合が判明して、通関チームは大変でした。NACCSセンターさんはちゃんと「10月7日土曜日に掲示板で周知していた」そうですが・・・。

それと、その内どこかでご案内するかもしれませんが、9月末にKAUぞうの会社的にも大きな事件・・・と言いますかがありまして、10月はひたすらドタバタとあっという間に過ぎてしまいました。


さて、前回、9月8日発効の「バラスト水管理条約」について書きましたが、今回も引き続き海上輸送と環境問題の話について書こうと思います。


環境問題と言えば、まず最初に思い浮かぶのは、何と言っても温室効果ガス、CO2ですよね。

CO2削減を巡る国際条約としては、「パリ協定」があります。トランプ大統領が離脱を表明して騒ぎになったあの協定です。

国際輸送を行う外航船は、どの国の排出量にも入らないため、実はパリ協定の枠外なんです。

その代わり国際海事機関(IMO)の枠組みで削減への取り組みが行われています。

全世界の外航船の排出するCO2の量がどれくらいかと言うと、約8億トン。ドイツよりやや少ない位だそうです。

さらにこれ、海上輸送の量が増えれば当然増えて行くわけで、2050年の海上輸送量は現在から倍増するという予測もあって、200年代前半から厳しい規制が始まっています。

更にもう一つ、環境で問題になるのが自動車の排ガスと同じで硫黄酸化物(SOX)。
これについても規制が2005年から始まっています。

どれくらい厳しい規制かと言うと、まずCO2。
99~08年の排出量平均値に対し、2015年以降の新造船は1割、2020年以降の新造船は2割の削減。

これだけだと大したことないようですが、「総排出量」の削減目標もあって、日本は60年に08年比半減を提案しているとのこと。

国際海事機関(IMO)の海洋環境保護委員会(MEPC)というところで議論されていて、来年春に開催される会議において最終案が採択される予定で、さらに厳しい削減案が決まる雲行きのようです。

次にSOX。
現在の燃料油の硫黄分の基準が3.5%以下であるのに対し、20年からは0.5%以下、北米沿岸や欧州の北米沿岸などはより厳しい0.1%以下。つまりは何と現状の7分の1から35分の1。

これらへの対応策の切り札として注目されているのが、燃料に液化天然ガス(LNG)を使用したLNG船です。

今の船舶の燃料である重油に対して、LNGはCO2もSOXも大幅に排出量を削減できます。

既に世界で100隻くらいは使われているそうですが、荒波とかで船が揺れると安定して燃えないとかの問題があり、重油と併用されている状態。

この問題を解決すべく環境省が補助金を出したりして開発が急がれているそうです。

また、水素自動車の普及に水素ステーションの整備が課題なように、世界的な船舶向けLNG燃料補給基地の整備も大きな課題なようです。

一方、そういうハード的な対応に対してソフト面での対応、つまり効率的な運航などによる燃料消費の削減も有力な対応策として研究が進められています。

そこで出て来るのが、今はやりのAIです!
自動車の世界ではAIによる自動運転ってのが大変な話題になっていますよね。

船の方でもAIによる完全自動運航のできるロボット船の開発が急ピッチで進められ・・・
ているわけではないようです。

むしろAIの活用の方向としては、人工衛星からの天候や潮流のデータを活用しての効率的なルートや速度の選択だとか、港湾の効率的なオペレーション、コンテナの積み替え、空コンテナのシフト、貨物量の変動予想等々、ロジスティックス全体の「最適化」への使用が期待されているようです。

・・・ということで、今回タイトルにした「AIロボット船」というのは、まだまだ先の話のようですね。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2017/11/01 01:06] | 法律関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ ヒアリとワカメの共通点とは?海上輸送と環境問題の話
北朝鮮の弾道ミサイルの発射や核実験、それを巡る米朝間の応酬など、きな臭い話が続いています。

Jアラートの発報でKAUぞうが乗っていた電車も止まっちゃったりして、何事かとびっくりしましたが、この問題、どこまでどう心配すればいいのか、なんとも戸惑うばかりです。

そうかと思ったら、今度は急に国政選挙になっちゃいましたね。

国際政治も国内政治も、それに天候も、なにやら目まぐるしい日々が続いています。


さて、今日はそんな話とは一切関係なく、以前からちらちら業界紙などで見かけて気になっていた、海上輸送と環境問題の話について書いてみます。


つい最近の9月8日、海上輸送に大きな影響を与えるある国際条約が発効しました。

その名も「バラスト水管理条約」(正式名「船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理のための国際条約」)です。

どんな条約かと言うと・・・・。

その前に、「バラスト水」って聞いたことありますか?

コンテナ船でもタンカーでも客船でもそうなんですが、どこかの港について積荷を下して積載重量が少なくなった時、船のバランスを取るため内蔵のタンクにその港の海水を取り込みます。

で、次の港について、今度貨物を積んだら、その分の水を排出してまたバランスを取る仕組みなんです。

この水を「バラスト水」と呼びます。

そこで、何が問題になるかと言いますと、このバラスト水、海の水を入れたり出したりするわけですよね。
すると一緒に、生き物やプランクトン、植物の胞子なんかも港から港、海域から海域に移動させることになっちゃうんです。

そのバラスト水として移動される海水の量、なんと年間で30億トンから50億トン!
つまり50メートルプールに換算して・・・何杯分になるかは、お時間と興味のある方、計算して結果出たら教えて下さい・・・。

何にしてもものすごい量ですよね。

このバラスト水の移動で運ばれる外来生物による生態系の破壊が問題になっていまして、これを規制するのが「バラスト水管理条約」です。


日本は原油とか、鉄鉱石とか、資源輸入大国ですんで、空荷で帰る船が多い。つまり実はバラスト水の輸出大国なんです。

そんな中、、オーストラリアやニュージーランド、北米、ヨーロッパなんかで生態系破壊の原因として危険視されているのが、なんと日本やアジア圏で生息している「ワカメ」。

夏頃から、輸入コンテナにヒアリが入って日本に来てるというのが問題になっています。
海の中でも、有毒生物と言うわけではありませんが同じような問題が起きていて、その主役(?)がワカメなんです。


「バラスト水管理条約」はIMO(国際海事機関)により2004年2月に採択されました。

「30ヵ国以上の批准、かつ批准国の合計商船船腹量が世界の商船船腹量の35%以上」

というのが発効の条件だったんですが、昨年9月8日にフィンランドが52か国目として批准。
船腹量が世界の商船総トン数の35.1441%に達したことで、丸1年後である今年の9月8日に発効することになりました。

内容としては、基準値を超えるバラスト水の排出禁止、船舶ごとの管理計画の作成・実施、バラスト水記録簿の常備、船籍国における船舶の定期的検査や国際証書の発給、寄港国における国際証書・記録簿確認、バラスト水分析、等が義務付けられており、違反船舶は抑留などが可能とされています・・・この辺資料のコピペです・・・。

新造船はもちろん、既存船舶にも7年以内の承認済みバラスト水処理システムの設置が必要とされてまして、海運業界にとっては大変な影響を受ける条約なんですね。


海上輸送と環境問題ということでは、もう一つ大きな課題が出て来ています。
それについてはまた次回・・・かネタに詰まった時・・・・に書きますね。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2017/09/27 18:12] | 時事ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 通関業界大激震!10月8日税関への申告システムの大規模更改と法改正の話
今年の夏は変な気候でしたね。

KAUぞうもちょうどお盆のあたりに2泊3日で海水浴に行ったんですが、とにかく寒いし、雨も降ってくるしで、結局半日くらいしか海に入りませんでした。

これからはまた台風がやって来るようですが、今年はあちらこちらで集中豪雨の被害がありましたね。
被害に遭われた皆様にこころよりお見舞いを申し上げます。

今これを書いている間も、ピコンっとスマホが「大雨警報」で鳴ったりしています。

皆様もどうぞお気を付けくださいませ。


さて、今日は税関への申告システムの大規模更改と、今まで禁断の話題にしていた、
それと合わせたタイミングで試行される法改正の話についてです。


まずシステム更改についてです。

システムの正式名称を「輸出入・港湾関連情報処理システム」(Nippon Automated Cargo And Port Consolidated System)と言いまして、英文名の頭文字をとって通常は「NACCS(ナックス)」と呼んでいます。

これを使ってKAUぞうのところでは毎日、税関への輸出入の申告とか、厚生労働省への食品届の申請とか、農林水産省への植物検疫の申請などを行っています。

このシステムの機能としてはこれだけじゃなくて、船が入出港する際の積荷に関する手続き、貨物情報の登録、港からの貨物の出入などの管理にも使われています。

つまりこのシステムで、船会社、コンテナヤードや倉庫などの港湾、KAUぞうの所のような通関業者、税関、関係官署、銀行、さらに登録して端末を用意すれば、輸出入者様まで、許認可を含めてデータが加工され、流れるようになっているわけです。

何年かごとに大きなシステムの更改が行われてまして、その度に機能が拡張されたり、いろいろな所とのデータの連携がされたりして今の形になっています。

そして今回が「第6次更改」です。

大きなところでは、今まで分かれていた航空と海上のシステムを統合する、とかあるようですが・・・・実はKAUぞうは細かいところをよく理解してません・・・。

ちょうど今、「総合運転試験フェーズ3」ってのをやってまして、システム担当者とシステムの業者さん、通関の責任者とかがいろいろ苦労して対応しているところです。

荷主様に影響のある部分については、今後もニュースレターなどで情報を提供して参ります。


問題はですね、これとタイミングを合わせて施行される、通関業法、関税法等の改正なんです。

かなり変わります。

正直いろいろと厳しいです。

以下読んでいただければ、今まで「禁断のネタ」にしてたのもご理解いただけるんじゃないかと思います。


まず一つ目。AEO認定通関業者に対して申告官署が自由化されます。

「AEO制度」の説明をすると、それだけで結構長くなるんで、詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.customs.go.jp/zeikan/seido/kaizen.htm


従来は「貨物の蔵置場所官署への申告」という大原則がありまして、それぞれ貨物が置いてある場所の管轄の税関に申告しなければなりませんでした。

例えば横浜の大黒ふ頭にコンテナがあれば大黒税関に申告するっていう、まぁ当たり前の話です。

でも、10月からは、AEO認定通関業者であれば、博多港にあって博多から船に積む輸出貨物でも、苫小牧港に入港してそこで降ろされた輸入貨物でも、例えば東京税関に申告出来ちゃうんです。

今までは申告官署ごとに「通関事務所」を設置して、そこの管轄税関に申告しなければならなかったんで、大手業者さんであれば全国各地に通関事務所を設置していました。

しかしこの法改正で、単純に考えれば、今後は通関業務は全部東京に集めちゃえばいい、なんてことになります。


二つ目。この改正に伴って、通関業免許の地域制限が撤廃されます。

今まではですね、通関業の免許は、地域ごとに取ることになっていたんですね。
例えばKAUぞうのところであれば、東京港と横浜港の2か所の通関免許を持っています。

もし大阪でも通関業務を行おうと思ったら、大阪税関長に申請して、大阪港での通関業の許可を取る必要がありました。

これが10月から、通関業の許認可者が各税関長から財務大臣に移され、営業地域の制限が無くなります。


・・・となるとですね、今まで地域ごとの免許で守られて、言わば地域ごとに住み分けていた通関業者が、全国の同業者との競争に巻き込まれることになっちゃうんですね。


他にもいくつかあるんですが、これだけでもタイトル通り「通関業界大激震!」の法改正であることがお分かり頂けるんじゃないでしょうか。

それに、KAUぞうがあえて、積極的にはここに書かなかった理由もお察しいただけるかと思います。

お客様にあんまり宣伝したい話じゃないですからね。


もちろん。例えばAEO通関業者で「全国どこにある貨物でも東京で申告できる」といっても、

「那覇港の貨物を申告したら税関検査になりました。ちょっと出張して検査に行ってきます。

あ、ついでに3日ほど有休取って渡嘉敷島まで足を延ばそうと思うんで。前から行きたかったんですよねぇ」

ってわけにはいきませんから、何でもかんでもってことにはならないと思いますが。


しかしとにかく、今までよりは、他地域からの参入のハードルが劇的に下がるわけで、
何年も掛けて徐々に自由化が進んで来たとはいえ、許認可制度に守られた業種であった通関業界にとって、大変な再編の契機になるんじゃないかと思います。

そんな法改正が目の前10月に迫ってるんで、もう、「大した影響ないよ」なんて誤魔化したり、
「お客様には言わないでおこうね」なんてやっている場合じゃないですよね。


KAUぞうのところも、厳しい環境の中で、お客様に選ばれる会社として生き残り、勝ち残るべく、なお一層努力する所存であります。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2017/08/31 18:20] | 法律関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 国際物流・貿易の世界のあれやこれや|通関業代行・流通改善提案
梅雨も明け、もうすっかり夏ですね。

KAUぞうのところは6月末が決算ということもあり、ここ数週間、怒涛のごとくいろいろな業務がなだれ落ちて来ました。

このブログの原稿を書きかけては中断、また書きかけては中断で、結局2ヶ月間が空いちゃいました。

ただでさえ1ヶ月に1度と言う、「ブログ」と名乗るにはあまりに少ない更新頻度なのに、お恥ずかしい限りです。

ちなみに一番古い書きかけの原稿の出だしはこんなんです。


「14歳の最年少棋士、藤井聡太四段。新記録の29連勝、すごいですね。」


・・・すでにかなり昔な気がします・・・。


ここのところ国際物流や貿易の世界でもいろいろなことがありました。


大きなところでは、日欧経済連携協定(EPA)の「大枠合意」ですね。

「基本合意」ではなく、「大枠合意」と言う表現なところがなんとも微妙です。

実際に成立して発効に至るまではまだまだ時間がかかりそうですが、日欧で自由貿易体制維持の方向を鮮明にしたのは大きな意味がありますよね。

マスコミで報道されているので皆さんもご存じのことと思いますが、内容で目立つところを見ると・・・・。

ワインの関税が即時撤廃!

KAUぞうのところではかなりワインを扱っていますんで、これ、かなり影響が大きいです。

関税撤廃で物量が増えるとしたら嬉しいし、関税がなくなると一時立替える税金の額が減るのもありがたい話です。

あと注目されているところでは、豚肉、パスタ、それにチーズが、段階的に関税が引き下げられたり、低関税枠が新設されたりするみたいですね。

逆に日本から輸出される自動車や、自動車部品、電子機器や日本酒なんかの関税が撤廃されるようで、貿易の活性化を期待しちゃいます。


次に大きな話が、定期コンテナ船会社の統合・再編の動きの激化です。

7/7には日本の船会社3社、日本郵船、川崎汽船、商船三井さんの定期コンテナ船部門を統合した新会社、「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」、略称「ONE」が設立されました。

またそれに続いて、中国のCOSCOシッピングが、香港のOOCLを買収。

これだけではなく、昨年韓進海運が経営破綻して以降、外国の船会社同士の合併、買収の動きが何件か続いています。

これはKAUぞうのような業種やお客様にとって、いいところ、悪いところがあるとは思うんですが・・・。

単純に考えると寡占化が進むわけで、ざっくり言うと海上運賃の交渉が厳しくなるのかなぁ、と言う気がします。


さて、そんな中で起こったのが、コンテナ船世界最大手の船会社、マースクラインへのサイバー攻撃です。

6月末にヨーロッパを中心に世界的に被害が発生したサイバー攻撃の標的にされちゃったんですね。

世界中で巨大なコンテナ船が動いていて、常時とんでもない数のコンテナが船に乗って運ばれいます。

このすべてのデーターを管理しているわけで、世界の物流を担う船会社は、実はものすごいデーター産業でもあるんです。

このサイバー攻撃の影響は結構大きくて、貨物が現地に到着しているのにデータが確認できない為に貨物を引き取れない、という事態がKAUぞうのところのお客様でも頻発しました。


さてさて、そんな中でいま最もホットな話題は、何と言っても「ヒアリ」ですね。

最初神戸で見つかった時、これは絶対東京港にもいるよな、と思ってました。

だって東京港の方が輸入・陸揚げされるコンテナの数が絶対的に多いんですから、確率から考えて、見つかるのは当然ですよね。

港だけではなくて、コンテナの納品先でもみつかった事例があったようで、これはKAUぞうのところとか、港湾業界だけの問題ではありません。

これについてはまた別に情報を整理してお知らせしようかと思っています。


・・・・今回は2ヶ月のブランクを埋めようと話題満載でお伝えしました。

いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。


と、ここでもう一つお知らせを。

現在KAUぞうのところでは、2018年3月新卒生絶賛大募集中です!!

何度かお伝えしたかもしれませんが、今年の4月は東京本社、横浜支店各1名、合計2名の新卒生を採用しました。

入社からまる3ヶ月、二人とも着実に成長し、活躍してくれています。

二人に入社してもらったおかげで、ギリ「20代社員0名」の事態を回避することが出来ましたし、社内も活性化してるなと思います。

来年も2名程度ですが採用予定です。

まだ就活が終わらない学生の皆さん。
会社説明会など随時行っていますので、弊社HPなぞご覧の上、是非会社見学にお出で下さいませ。


引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。




通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2017/07/21 23:30] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 東京ベイエリアの憂鬱の話|通関業代行・流通改善提案
ここのところさわやかな天気が続いていますが、もう少しすると梅雨に突入ですね。

今日はちょっと趣向を変えて、浜松町周辺の再開発計画の話を書きます。

というのも、KAUぞうのところの本社がある浜松町から竹芝周辺、いよいよいろいろと工事が始まってきて、駅からの道路が通りにくかったりと影響が出て来てるからなんです。


まず浜松町駅がこんなになります。(以下リンクはすべて日経アーキテクチュア記事)
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/knpnews/14/660651/00032/?SS=imgview&FD=1422774646

羽田行きのモノレールへの乗り換え口がある改札の反対、新橋寄り北口改札側の様子です。

いまモノレールのホームや駅ビルとくっついている、世界貿易センタービルが建て直される予定で、すでに隣接する、線路と反対側の土地では工事が始まっています。

で、この絵にある歩行者デッキが首都高速をまたいで竹芝ふ頭まで繋がります。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/knpnews/14/660651/00032/?SS=imgview&FD=1427392251

この地図の右下の方、「ゆりかもめ」の「め」がかかっているのがKAUぞうの本社が入っているビルです。

そして首都高と竹芝ふ頭の間」にこんなビルができます。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/knpnews/14/660651/00032/?SS=imgview&FD=1428315772

KAUぞうの本社が入っているビルの、となりのとなりのとなりぐらいのところです。

さらに元東芝本社ビル、現「芝浦ビル」も建て直してツインタワーが出来るそうです。
http://toyokeizai.net/articles/-/132024 (こちらは東洋経済ONLINE)


・・・いろいろと賑やかになるし、素敵なスポットがたくさんできていいでしょう・・・・・という話をしたいわけじゃありません(少しはあるけど)。

これ、みんな工事はじまっちゃったらどうなるの?!って話です。

すでに歩行者デッキの工事が始まっていて、駅からの歩道が半分と車道が1車線潰されています。

首都高の隣のビル2棟も工事が始まっていて、いま穴掘ってます。

世界貿易センタービルの建て替えは2019年着工で2024年竣工。

元東芝本社のあった芝浦ビルの建て直しは2020年頃着工して2030年頃の完工。

・・・つまりこれから10年以上、浜松町駅周辺は建設工事だらけです。


さらにこちらの写真。
東京ベイエリア・浜松町

本社会議室の窓から写した景色です。

手前のクレーンが並ぶ工事現場がオリンピックのおそらく選手村、その奥にあるのが「例の」豊洲新市場。

ここは海をはさんだ対岸の埋立地なんで直接影響はないんですが、問題は築地市場移転問題がこじれたことによる環状2号線の工事の遅れです。

オリンピック会場の配置ですが、公式ページに分かりやすい地図がありました。
https://tokyo2020.jp/jp/games/venue/olympic/

真ん中辺にカーソルを合わせると四角い枠が出るんでクリックすると、拡大図が出てきます。

「東京ベイゾーン会場」の配置を見て、何か気づきませんか?

そうです、ほとんどが埋立地で島になってるんです。つまり橋かトンネルでしかつながっていません。


東京ベイエリア全体でこれだけいろいろ工事を行い、オリンピックを開催し、さらに工事が続く・・・。

オリンピック中、公共交通機関の混雑緩和のために時差出勤を働きかける、なんて話もちらちら聞こえています。

ここ数回「物流効率化の話」を書いてきましたが、これ、本当にどうなっちゃうんでしょうね。

オフィスへの通勤や環境、物流という仕事上の東京港周辺道路の混雑状況、両方でなんとも心配な状況です。

とんでもないことにならなきゃいいんですけどねぇ。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。貴社の流通業務を改善提案、エキスパートがサポートします。
[2017/05/30 16:53] | よもやな話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>