スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
■ トランプ政権発足と国際物流の未来
「 トランプ政権発足と国際物流の未来 」

いまさらですが、皆さま明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

寒い日が続きますねぇ。

インフルエンザやノロウィルスが流行っているようで、さらに寒さとは直接関係ないのかもしれませんが、鳥インフルエンザのニュースもちらほら聞こえてきます。

KAUぞうのところでも、年明け早々2名ほど「インフルエンザにかかっちゃいました。
今週いっぱいお休みします」ってのがありました。

皆さまも風邪など召されぬよう、ご自愛くださいませ。


さて、いよいよ米国、トランプ政権が発足しました。

就任演説聞かれましたか?

よそ様の大統領に対してあんまりあーだこーだ言いたくないんですが、オバマさんの退任演説と比べると・・・ねぇ。

トランプ大統領就任演説全文
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/20/donald-trump-inauguration-speech_n_14292818.html

オバマ大統領退任演説全文
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/19/obama_n_14265536.html
(リンク先はいずれもハフィントンポスト日本版)

オバマさんに対しては、「理想主義者だが理想を実現する力が無かった」というような批判があるようですが、日本人のKAUぞうが聞いても感動する素晴らしい退任演説でした。

トランプ大統領の就任演説は、米国が目指したり体現する(と称する)「普遍的な価値観」みたいなものへの言及が一切なく、完全自国民向けの「米国第一!」を強く打ち出した内容でした。

トランプ大統領を支持している米国民の方々にとっては「いいぞっ!よく言ってくれたっ!」
って感じだったようですが。


で、問題は今後の政策、特に通商関係についてです・・・。


まず、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱、正式に表明しちゃいましたね。
そして北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉開始を明言。メキシコ大統領とカナダ首相との会談を早々に行う予定とのこと。

1月27日には、外国首脳との初会談相手として、英国のメイ首相をホワイトハウスに招いて、2国間での自由貿易協定(FTA)締結に向けた協議を行う予定と報じられています。

EU離脱について単一市場からも離脱する強硬策を決めた英国メイ首相を称賛し、ドイツ メルケル首相の難民受け入れ政策を「破壊的な間違い」と批判。

中国をはじめ、メキシコ、日本を名指して、米国が多額の貿易赤字となっていることを非難。
輸出に事実上の補助金を出して、輸入には関税をかける・・・とかとか。

トランプさんが口に出していることを上げていくときりがないですが、WTOをはじめとした国際的な貿易協定や枠組みについては軽視、もしくは距離を置いて、「米国第一」の立場で二国間での交渉を進める姿勢です。

「メキシコとの国境に壁を作る。その費用はメキシコに請求する」ってのも押し通す姿勢みたいですが、これはNAFTA違反だそうです。
輸出への補助金、輸入への追加関税、これも当然WTO協定違反です。

大統領就任後も変わらないこの「保護主義」の姿勢を警戒して、市場も円高株安に動き始めたみたいですが・・・。


一方、1月17日からスイスのダボスで開催された世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)では、初参加した中国の習近平国家主席が、保護主義に反対して「開放型の世界経済の発展」を説いたことが注目されました。

中国を巡っては、昨年12月、WTO加盟から15年が経過したにもかかわらず、日・米・欧が中国の「市場経済国」認定を見送ったとして、「提訴の構え」という報道がありました。

また、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に新たに30の国・地域が新規加盟を申請していて、これが承認されると、日本が主導するアジア開発銀行(ADB)の67の加盟国・地域を上回る、との報道が年明け早々にされています。

AIIBにはイギリス、フランスなどヨーロッパ各国をはじめ、オーストラリアニュージーランドなども創設メンバーとして加盟していて、主要国で参加していないのが日本と米国くらい。


以下、KAUぞうのざっくりした認識ですが・・・

アジア太平洋地域での政治的・経済的な主導権を巡って、世界一位の経済大国米国と、成長著しい第二位の中国が競い合っていた。

第三位の日本は、中国の入っていない多国間貿易協定であるTPPの成立に協力したり、中国が主導するAIIBには米国と共に2国だけ参加しなかったり、要は米国とタッグを組んでやってきたわけです。

ところがその米国がガラッと方針転換して、TPPは離脱、WTOも関係ない。自由貿易がどうのではなく、これからは中国も日本も「米国第一」の観点から二国間を基本に交渉する・・・となっちゃった。

言ってみればゲームの盤がひっくり返されちゃったようなもんで、日本はもちろん、「競技」相手である中国も、何がどうなるのか様子をうかがっているところだと思います。

領土問題とかキナ臭いものをはらみつつも、また、2006年のドーハラウンド凍結以降交渉が進んでいなかったとしても、WTOを中心に自由貿易を基軸に世界的な通商秩序を維持して行く、というのが大きな前提でした。

これをブッチされちゃうとなると、今後どういう世界が広がるのか、全然予想がつかなくなっちゃいます。


・・・でっかいタイトルを掲げたものの、あまりに話が大きくて、また、実際のところ何がどうなるのやら不透明な部分が多くて、とてもKAUぞうが何か気のきいたコメントを書けるような問題ではありません・・・毎度のことですが・・・。

・・・が、それでも一つだけ確かなのは、国境を越えたものの流れは絶対に止まらない、と言うことです。

前回も「スロートレード」とかいろいろ書きましたが、足元の統計を見ると、2016年のアジア発米国向けコンテナ物量は3年連続の記録更新。欧州向けも6ヶ月連続の増加が続いています。

・・・問題は「日本発」では無く、「アジア発」なところなんですけどねぇ・・・。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。



通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。
スポンサーサイト
[2017/01/24 12:50] | 時事ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ スロー・トレードと、世界の中心で自由貿易を叫んだけもの
「スロー・トレードと、世界の中心で自由貿易を叫んだけもの」


いよいよ年末、そしてお正月です。

ほんとに実感として、しみじみ1年がたつのが早くなりました。
いったいこの1年間、なにをばたばたやっていたのやら・・・。

今回は年末にふさわしく、まずはこの1年を振り返ってみようかと思います。


2016年01月11日  輸出 引き続きマイナス|15年11月 貿易額

2016年01月20日  15年コンテナ、アジア発米国向けは過去最高|日本積みは10%減

2016年02月5日   15年12月輸出額8%減|3ヶ月連続マイナス

2016年03月18日  横浜港 輸出入とも前年割れ

2016年03月31日  15年外貿 5%減 415万TEU

2016年04月26日  財務省3月集計 輸出入とも減/2ヶ月連続の 貿易黒字

2016年05月26日  日本発アジア域内 貨物量 4月大幅減 向け地シフトの動きも

2016年07月20日  2015年国内港湾コンテナ取扱量前年比3%減

2016年08月20日  7月の輸出額 6年9か月ぶりの大幅減少

2016年08月29日  2015年の 世界貿易額 6年ぶりマイナスの12.7%の減

2016年09月1日   韓進海運 が経営破綻・混乱拡大の恐れ

2016年09月21日 8月アジア発米国向け コンテナ 荷動き活発化

2016年09月27日 数量はプラスも輸出入額は減少続く 8月 貿易統計

2016年10月4日 東京港 外貿コンテナ個数 上半期2%増加

2016年10月25日  横浜港6・7月連続でコンテナ取扱量が15ヶ月ぶりに増加

2016年10月31日  邦船3社が定期コンテナ船事業統合で合意

2016年11月14日  円高影響 輸出入共マイナス 9月貿易統計

2016年11月30日  財務省貿易統計 10月も輸出入、金額・数量ともにマイナス

2016年12月19日  アジア発北米向け 3年連続コンテナ荷動き記録更新

2016年12月26日  11月貿易統計/輸出額回復傾向                  


・・・・いきなり禁断のコピペ技です。

といってもよそからではなくて、KAUぞうのところの公式ホームページの「KAUショー
トニュース」から、貿易・物流統計関係の記事のタイトルを抜粋してみました。


ざっと見て頂いて感じると思いますが、この1年は国際物流にとって大変厳しい1年でした。

ちなみに仲間はずれが二つありますがどれでしょう・・・・って、赤で書いちゃってますが・・・。

この二つについては、一般紙でもいろいろ報道や解説がされたんでご存知の方も多いと思
います。

両方ともこういう厳しい状況下で起こったことですが、海上物流の中でも、特に定期コンテナ
船は非常に厳しく、各船社とも赤字が続いているようです。

何年か前に大型船を注文して、それが相次いで完成しちゃった。ところが世界的に国際物
流が伸び悩んでいて、輸送力が余り気味。その為運賃が低迷・・・ってのが原因みたいです。


それじゃあなんで国際物流が伸び悩んでいるのかって話ですが・・・・。


皆さん、「スロー・トレード」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

「世界の貿易量の伸び率が世界の実質GDP成長率を下回る状況」を指すそうで、2008年
の金融危機後、特に新興国で目立っている現象だそうです。

161226.png

上図を含め、以下出典はこちら 
2016年10月20日 日本銀行国際局 「スロー・トレード:世界貿易量の伸び率鈍化」
https://www.boj.or.jp/research/brp/ron_2016/ron161020a.htm/

原因としては、1)世界の実質GDPの低下 2)世界の需要構造の変化など構造的要因
3)短期的な負のショックなどの循環要因 の三つに分かれるそうで。

1)と2)は世界的に景気が良くなれば改善するはずなんでいいとして、そもそも問題は
「貿易量の伸び率がGDPの伸び率より低い」ことです。

だから問題は2)の構造的要因ってやつですよね。

いろんなことが指摘されていますが、中でも一番大きいのが、中国をはじめとした新興国
での資本財=つまり製造機械とか、物を作るための設備の輸入が減っていること。

これは、製品の輸出が不調だから・・・というよりも、そもそもいままで日本とか先進国
から輸入していた製造用の機械設備を自国で作れるようになった=内製化の進展が
理由だそうです。

いままでは輸出製品を作るためには製造用機械の輸入が必要、ということで、輸出の
増加と輸入の増加がリンクしていたんですが、それが切れちゃったってことですね。


もうひとつ大きな「構造要因」として言われているがグローバル・バリュー・チェインの
「拡大一服」。

部品を海外で安く作って輸入して、日本で作ったコア部品と一緒に最終製品を組み立てる。
(もともと国内で調達していた部品を、新興国からの安い輸入品に代替する)

とか、

日本からコア部品を輸出して組み立てだけ海外でやる。

とか、

一時期すごく増えた、いわゆる「中間財」を国境を越えてやり取りして最終製品を作るという
方式が一段落しちゃった。

いまは、部品製造から最終製品の組み立てまで、一貫して消費国や消費国に近いところで
行う、「地産地消」的なモデルの方が増えてるんですね。

ここでも新興国における輸出の増加と輸入の増加のリンクが外れちゃったわけです。


日銀のレポートでは結論として、世界経済が回復がすれば新興国の過剰設備の調整も進むから

「世界貿易量の伸び率が世界経済の実質 GDP 成長率並みに回復すると見込まれる。」

つまりスロー・トレードも終わる、と言っています。

まだまだ日本でしか作れない高度な製造機械や建設機械、輸送機器や最新式の製造ロボット・・・
なんて話を聞くんで、ざっくり言って世界的に景気が良くなれば日本からの輸出も回復するだろうと
は思います。

ただ構造的には既に大きな変化が起きちゃったんじゃないかという気がします。

日銀レポートでも、最後にBREXIT後の英国とEUの関係に触れ、

「世界の貿易量を巡る不確実性は引き続き大きい。今後とも世界の貿易量の推移を注視していく
必要がある。」

と締めくくっています。

このレポートが出されたのが10月。その後、前回この欄で書いたトランプ次期大統領の登場という
さらなる「不確実性」が増えました。


日本は貿易収入より知財収入の方が多い、「成熟した債権国家」化している、なんて話もありますが、
やはりモノづくりと貿易は日本の基盤です。魂です!

「クールジャパン」なんてのもありますが、製造財だけでなく、消費財、農産物なんかも、もっとどん
どんMade in Japanが世界に出ていくといいですね。


・・・最後に、実は最近、いまさらながら「下町ロケット」を見て感動したばかりなことを告白しておきます。

また、タイトルはなんとなくカッコよさげでつけただけで、実は深い意味がないことをお詫び申し上げ
ます・・・・。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。



通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。

[2016/12/26 17:31] | 共同フレイターズに関して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ トランプ次期大統領とアメリカ向け貿易の話
「トランプ次期大統領とアメリカ向け貿易の話」

いよいよ年末が近づいてきました。

KAUぞうのところ、東京本社では有線放送で音楽を流しているんですが、11月に入った途端にクリスマスソングが流れ始めました。

昼間オフィス内にたくさん人がいる時には音楽はほとんど気にならない・・・というか気づきません。

だけど朝一番の人が少ない時や、夜ほとんどの人が帰って少人数で残業している時にはやたら音楽が耳につきます。

朝デスクに付くなり「もろびとこぞりて」だのが流れると、ちょっと楽しいような、違和感があるような。

さらに「早く帰りなさいよ」と言うのを促す意味で、18時には「遠き山に日が落ちて」、20時には「蛍の光」が流れます。

たまに遅くなって「蛍の光」を聞くと・・・・むかつきます。

「勝手に本日の業務を終了するな!」「こっちはまだ仕事が残ってるんだっ!」って感じです。

・・・・・実はこの設定を提案したのはKAUぞうなんですが・・・・・。

ちなみに有線を流しているのは、おしゃれで素敵なオフィスを演出する・・・ためではありません。

火災報知機の増設をケチって、パーティションの上のところを閉じなかったんで、会議室とかの声が聞こえちゃうんです。

その、マスキングを目的に導入を認めてもらいました・・・・。


さて、ここのところのビッグニュースと言えば、何と言ってもトランプさんが米国次期大統領に決まったことですよね。

大統領当選にももちろんびっくりしたんですが、それ以上に、

株が一回暴落したかと思ったらまた高騰したり、

円高が進んだと思ったらまたドル高になったり、

結果としていまのところ経済に好影響なのが意外と言うか驚きです。

なんかもっととんでもないことになるんじゃないかと漠然と思ってました。


KAUぞうのところの仕事、貿易や国際物流との関連で言うと、

「国内の雇用を守るために中国からの輸入品に高率の関税をかける」

とか言ってるわけで、ざっくり言って世界的な貿易の拡大には逆風ですよね。

それとはっきりした一番の影響は、これでTPPの発効がほぼ見込めなくなったことだと思います。

この先トランプ大統領のもとで自由貿易体制や世界経済はどうなるのか・・・

なんて話は難しすぎて何も言えないんですが、いま米国向けの輸出ってどうなってるの?って話を少し書こうと思います。


今年から世界的に話題になっている「ブラックフライデー」。
元々は米国におけるクリスマス・年末商戦のスタートイベントですよね。

ここを目掛けて世界中から米国に品物が行くわけで、10月と言うのは米国向け海上貨物のピークシーズンなんです。

でですね、「北米東航」と言われる、アジア18ヵ国・地域発北米向けの貨物について、日本海事センターが発表した10月の統計結果というのがあります。

今年の10月、過去最多です。前年同月比7.3%増。

それじゃあアジア発でどこからの貨物が多かったのかっていうと、

1位 中国(香港含む) 959,290TEU (10.1%増)
2位 ベトナム 85,122TEU (18.2%増)
3位 韓国         68,125TEU (3.6%減)
4位 日本         54,424TEU (5.6%減)  
(TEU=twenty-foot equivalent unit、20フィートコンテナ換算)

韓国と日本は物量的には3位、4位を占めているものの、増えるどころか減ってます。

上位の中でベトナム以上の増加率が6位のタイで43,742TEU(20.5%増)。

「アメリカは日本の最大の貿易相手国」なんてKAUぞうなんかは習って来たんですが、実は、
2004年に輸出入合わせた貿易額では、対中国が対米国を抜いてるんですね。

2015年の統計では、対中国が37.1兆円対して対米国は23.3兆円。
割合で言うと、対中国が24.1%に対して対米国は15.1%にまで落ちています。

もっともこれは日本との直接貿易が減ったというだけで、日本企業が米国内に工場を作ったり、中国やASEAN各国に作った工場から輸出したりしているんで、そのままの割合で日本経済にとっての米国の重要性が落ちているというわけではありません。

ただ、「物流」と言う面でみるとこうなるんですね。


いろいろ賛否はありますが、TPPはGDPで世界の4分の1を占める米国が先頭に立って、
非常に大きな枠で自由貿易を推進しようという試みでした。

それが一転自国優先の保護主義の方向に・・・。

これからどうなっちゃうのか、国際物流の仕事に関わっているから、と言うだけではなくとも心配です。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。
[2016/12/01 11:13] | 時事ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 女性の活躍と通関業界
「女性の活躍と通関業界」


一気に寒くなってきました。

KAUぞうのところでは10月までクールビスと言うことにしているのですが、10月最後の
1週間はCOOLどころかCOLDでしたね。

急に気温が低下したので、体調を崩す人間もちらほら出て来ています。
電車の中でも、咳き込んでいる方を見かけることが多くなってきました。

皆さまも風邪などひかぬよう、どうぞご自愛くださいませ。

ちなみにKAUぞうは、まわりの人間がゴホゴホやったり、具合が悪くて休んだり早退し
たりしている中、なぜかまだ全然風邪をひいていません。

・・・決して〇〇だからではありません・・・と思います。


さて今日は、ちょっと唐突に思われるかもしれませんが「女性の活躍と通関業界」
のお話です。


10月6日、物流業界紙「カーゴニュース」が「財務省関税局 通関業務の在宅勤務
の可能性を検討、通達整備へ」とのニュースを配信しました。
http://cargo-news.co.jp/contents/code/161006_3

詳しい内容はリンクの記事を見て頂くとして、ちょこっとだけ経緯について説明したと
ころを引用すると、

「通関業界での在宅勤務への関心の高さや政府による女性の活躍やテレワーク推進
等の背景も踏まえたもの。」

とのこと。

安倍首相が打ち出した「一億総活躍社会の実現」。
その中身としての、「働き方改革」や「女性活躍」等々の具体化が、通関業界にもやっ
てきたわけですね。

ちなみに、ご存知の方も多いと思いますが、従業員301人以上の企業に、女性活躍に
関する数値目標や行動計画の策定を義務付ける「女性の職業生活における活躍の推
進に関する法律」(通称:女性活躍推進法)が昨年8月の国会で成立。
今年の4月から施行されています。


でですね、この「通関業務のテレワーク」、カーゴニュースさんの記事にもあるように、
実は結構ハードルが高いんです。

お客様の海外とのご商売の書類を扱うわけですから、情報セキュリティの問題もあるし、
そもそも法律で「通関申告書類の作成は通関営業所で行わなければならない」なんて
定められています。

そんな普通に考えたら「無理だろう」で終わってしまう通関業務のテレワーキングや、ワ
ークライフバランスなど「通関士の働き方」の問題に、業界内で積極的に取り組んで来
ているのが、記事内でも紹介された「女性通関士支援ワーキンググループ」です。


「女性通関士支援ワーキンググループ」は、通関業者の全国団体である(一社)日本
通関業連合会の中で2014年の7月にスタートした組織・・・というかグループです。

第一期が2016年7月までで、この8月から新たに「第二期」がスタートしています。

WGの目的としては、「女性通関士の意識の向上に向けたサポート」「女性通関士のネ
ットワーク化」を掲げていますが、最終的には通関業界全体に役立つことを目指して活
動しているとのこと。

活動としては年に1回全国ミーティング、年に2~3回、全国東西に分かれてミーティン
グを開催。

また、WGとは別に、2010年から毎年二月に「全国女性通関士会議」が開かれている
んですが、それと連携して、全国会議の翌日にセミナーを開催したりしています。

その他、密輸撲滅キャンペーンの実施方法やキャンペーングッズの見直しの提言を行
ったり、

去年の8月には、

「通関業・通関士のイメージアップ キャッチコピー大募集 最優秀賞にはクオカード1万円!」

なんて企画を行ったり。

どうしてもおじさんたちが中心になる業界団体の活動に新風を吹き込んでいます。


このWG、東京、横浜、大阪等々、全国各地区にある通関業会から20数名のメンバーがまっ
て活動しているんですが・・・

実はKAUぞうのところの女性通関士の一人も、WGの立ち上げ時からのメンバーなんです。
全国で20数名の内の1名ですから、結構すごいですよね。

これからもどんな提案や活動をしてくれるのか、活躍が楽しみです。


以上、通関業界って、意外と早くから「女性活躍」の取り組みをしているんですよ、ってお話
でした。


いかがでしたでしょうか。
読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。
[2016/11/01 17:55] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 通関士試験の話
「通関士試験の話」


急に秋めいてきました。

スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋・・・・いろいろ「秋」が言われますが、KAUぞうの業界では、
何と言っても「通関士試験の秋!」です。


財務省が管轄する国家試験である通関士試験は、年に1度、毎年この時期に行われます。

今年は10月2日の日曜日に「第50回通関士試験」実施です。

試験合格を目指す皆さんにとっては、いよいよ最後の追い込みですね。

今日はちょっと、この通関士試験と、通関士の資格について話そうと思います。


「そもそも通関士って何する人なの?」っていうのは、このブログを読んでいる方にはある程度分かって頂いていると思う・・・・のですが・・・。

Wikipediaを引用しちゃうと、

輸出入されている物品の輸出入者が通関手続(税関への手続)を通関業者に依頼をした際に通関手続きの代理代行並びに税関への申請をするのに必要な財務省管轄の国家資格、またはその資格を持ち税関から通関士の確認を受けて勤務している者を指す。

と言うことになります。

要は税関に対する申告手続きを代行する人間で、その為の資格です。

ちなみに貿易を行う会社が自社で通関手続きを行うには資格要りません。必要なのはあくまで他人・他社の手続きを「代理・代行」する時だけです。

裁判で弁護士を頼まずに自分で自分の弁護をするのに、弁護士の資格が要らないのと同じことですね。

この通関業務、試験に合格していれば勝手にやっていいのかっていうとそうじゃなくて、
「通関業」
の免許を持った通関業者に所属して、その会社の通関士として税関に「確認」を受けなければいけません。

その辺が、資格があれば自分で開業できる、弁護士とか税理士などとは違うところです。


さて、それではこの通関士、国家資格試験となると、どれくらい難しいの?
合格率は?
というのが気になりますよね。

過去5年のデータを見るとこんな感じです。

通関士試験過去

(財務省:平成28年第50回通関士試験受験案内 より)

この合格率ってどんなレベルかっていう話ですが、有名な資格と比較すると、例えば行政書士は

H23年8.1%、H24年9.2%、H25年10.1%、H26年8.3%、H27年13.1% 

なんで、大体同じくらいでしょうか。

ただし行政書士の方は、昨年H27年の受験者数が4万4千人以上だったんで、それと比べると一桁少ないマイナーな資格試験ではあります。


受験資格は、学歴、年齢、経歴、さらに国籍も制限なし。

「通関士」でぐぐると、ユー〇ャンで「受験資格なしで、誰でも受けられる国家資格!」なんてヒットします。

ですので学生さんが現役の内に取得したり、転職を目指す方が通信講座で勉強して取得したり・・・っていうのも結構あるようです。

試験は全部で3科目、(1)通関業法 (2)関税法、関税定率法、その他関税に関する法律等(3)通関書類の作成要領と手続きの実務 とあるんですが・・・・。

実はこの通関士試験、言い方が悪いですがちょっとした抜け穴があります。

通関業者に勤務して、税関に「従業者」として登録して5年以上たつと、(3)の実務試験が免除になります。
さらに通関業に従事して15年以上になると、(2)の関税法等々の試験も免除になります。

そうなると(1)通関業法だけの試験を受けて合格すれば通関士になれちゃうんです。

とは言え、KAUぞうのところも含めて、たいていの通関業者では通関士の資格に手当を出していますから、
通関業者に就職したら、1年でも早く通関士の試験に合格した方がお得です。

また、社内的にも、免除科目無しで合格した方が当然カッコいいですし、評価も高くなります。

5年経って1科目実務免除で合格すればまぁ普通。

15年経って2科目免除の1科目だけで合格したら・・・・え?あれ?まだだったの?みたいな・・・
多くは言いますまい・・・・。


KAUぞうのところのメンバーも、今年も何人か試験を受ける予定です。

この秋、新しい通関士が何人生まれるか楽しみなところです。

ちなみに昨年は1名合格しました。

パートタイムで勤務頂いていた方が全科目受験でただ一人・・・・。


いかがでしたでしょうか。

読んで、少しは「へぇ」と思っていただけたのであれば幸いです。

引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。


通関業務代行・輸入手続・輸出手続を代行 します。国際規格とIT化でエキスパートがサポートします。
[2016/09/21 22:52] | 通関業・基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。